« 自分流・ストレスとの付き合い | トップページ | 新造人間キャシャーン »

2008年1月16日 (水)

反民主主義 ! 福田政権

リンカーン大統領は、有名なゲティスバーグの演説で民主政治を「人民の人民による人民のための政治」と定義した。また、日本国憲法前文には「…国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」とある。したがって、選挙の洗礼を受けていない衆議院が、選挙の洗礼を受けた後の参議院の議決を無視して、両院協議会もまともに行わずに衆議院で再可決するなど、そうした民主主義・民主政治・日本国憲法の精神を踏みにじる行為である。

だが、新テロ特措法で反民主主義の道への歩みをさらに進めた福田政権は、安倍政権での強行採決連発と同じ様に、違憲の衆院再議決を連発するのではないかと危惧する。小泉政権以降、ずっと一般国民の痛みに目をつぶり、大企業とアメリカ・ブッシュ政権の利益を守る政治を推し進めてきた自公連立政権は、今度は、ガソリン税の長期延長をもくろみ、高価なガソリンによって苦しむ国民の声には耳を貸さずに、恥も外聞もなく道路利権を守ろうとしているらしい。

野党の声や世論調査に目を向けず、耳を貸さないのは、あるいは、自らの行為が、国民の声や国民の利益に背を向けるものだと自覚しているからだろうか。だからこそ、野党との論戦も回避し、民意を問う選挙も可能な限り引き伸ばして、民意とねじれた衆議院の力を悪用しているのかも知れない。話し合えばボロがでる。だからこそ、耳を貸さず話し合いを回避して進めようとしているのだろう。つまり、問答無用という姿勢である。

ただ、以前の記事にも何度か書いたように、この「問答無用」の姿勢は、マイノリティの怒りと恨みを増幅させ、テロを育む土壌となる。大切なのは話し合いの精神であり、マイノリティの苦難を可能な限り減少させて歩み寄ることなのだが、その道が閉ざされてしまえば行動しかない。それが破壊行動となったとしても、その責任の大きな部分は「問答無用」の姿勢を続ける側にあるということになる。そうした点から見れば、人権の侵害、特にマイノリティに対する対話拒否と人権侵害は「テロをしてください」と挑発するのに等しい。

その意味では、ブッシュ政権はイスラム世界との対話を怠り、マイノリティの苦難から目を背け、その声に耳を塞ぎ続けた。「対テロ戦争」が拡大し、死傷者・犠牲者が増え続けるのは、その結果だとも言える。そして、福田/自公連立政権も、同じ様に反民主主義の道を進んでいこうとしている。残念ながら、いつ「テロ」が起きても不思議ではない……と思わざるを得ない。福田/自公政権は自業自得だが、その過程で、必ず一般の被害者が出る。だからこそ、そうならないための対話が必要となる。

対話は、民主主義の基本であり、憲法の規定からしても、国民の声を聞かない政権に国民の代表者としての資格はない。それを自覚するだけの羞恥心があれば、当然、早期に衆議院を解散するべきだろうが、解散を回避しようとする動きを見れば、現政権にはそれすらないことが理解できる。これ以上、国民に痛みを押し付け続けて、この国は持つのだろうか? 国を愛していれば、胸の痛む話である。

|

« 自分流・ストレスとの付き合い | トップページ | 新造人間キャシャーン »

コメント

ほぼ同感。
最近の薬害肝炎訴訟の和解も点数稼ぎにしか見えない。政治と利権と金が、反発しあう世界はないのだろうか。
すこし酔ってます。

投稿: 直江津いちご | 2008年1月16日 (水) 23時37分

道路の建設・整備には必ずしも反対という訳ではないですが、今の優先順位を考えれば、国民生活を守るためにガソリンの値段を下げることが先決です。いっそ、ガソリンや軽油・灯油にかかる消費税も一時凍結してもいいとさえ私は思うのです。
本当は、このブログでは泡盛やウィスキーや音楽やアニメ・特撮、映画の記事だけを書いていたいのですが、そうさせてくれない貧困な政治の現実がありますね。

投稿: TAC | 2008年1月16日 (水) 23時45分

TACさん、こんばんは。

先日拙ブログにコメントを書いて下さったように、連立与党は、ずっと主権者の意思を知りながら無視して、形だけ多数決だというけれども、結局ゴリ押しして法案を通してしまう。実質は全体主義国家と変わらないですよね。安倍政権の時など、衆参両院とも与党過半数をいいことに、なんと教育基本法、国民投票法という、もっとも議論を必要とする法案まで強行採決しました。安倍政権が成立した直後の臨時国会での強行採決は何と16件だそうです)。

それでいて、議員は要りもしない手当を手にして生活の苦しみが分からない。旧ソ連の共産党幹部「ノーメンクラツーラ」のようではありませんか。やはり皆もっと直接文句を言わないとダメですね。首相官邸や官庁にメールを送ったって削除されるだけですから、福田事務所、舛添事務所、または政党(これはダメかな?)のサイトから、ギャーギャー文句を言えばいい。国民の100人に1人。合計120万人から抗議が殺到すれば、少しは青くなるのではないでしょうか。

投稿: JIRO | 2008年1月17日 (木) 22時36分

ようこそ、雑多な記事に溢れるまとまりのないblogへ。JIROさんのように丁寧にデータのチェックをしてないのでいつも読ませていただいて感心しています。それにしても、ひどい政治状況ですよね。抗議くらいでは厚い面の皮に阻まれて動かないのではないでしょうか。この腐敗状況は、5.15事件や2.26事件の起こった頃と似ているような気がしないでもありません。本当にテロが起こったら、つい支持してしまいそうな気になるかも…という怖さがありますね。「問答無用」の土壌こそテロの温床ですから。でも、テロが起こっても目が覚めないかもしれませんね。不都合な真実ですから。

投稿: TAC | 2008年1月19日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/9921413

この記事へのトラックバック一覧です: 反民主主義 ! 福田政権:

» 【TAC】の口コミ情報を探しているなら [人気のキーワードからまとめてサーチ!]
TAC に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 16時36分

« 自分流・ストレスとの付き合い | トップページ | 新造人間キャシャーン »