« グレンフィディックの味わい | トップページ | 自分流・ストレスとの付き合い »

2008年1月14日 (月)

ポインター…U警備隊の超メカ

ウルトラセブンでウルトラ警備隊の隊員が乗っていた自動車、それがポインターである。ウルトラ警備隊の乗り物と言えば、まずウルトラホーク、そしてマグマライザーなどが思い浮かぶ。だが、シークレット・ハイウェイを疾走するポインターの姿はとてもカッコよかった。最初のTVシリーズでの話である。

その後、ウルトラセブンは「太陽エネルギー作戦」や「地球星人の大地」などのTV特番やカザモリ隊員の変身する3部作、1999シリーズ、evolutionシリーズが製作されるが、ホーク1号やホーク3号がかつての勇姿を再び見せてくれたのに対し、ポインターは名前が残っているだけで、普通の乗用車になってしまった。

最初のTVシリーズでのポインターと言えば、レーザーやミサイルを敵に発射したり、水上を移動したりする優秀な車両で、まさにウルトラ警備隊の超メカの1つという印象だった。けれども、後のシリーズでは、設定として通常のものよりも改造されているという形であっても、敵を攻撃したり水上を移動したりというシーンはなく、一般の乗用車と一線を画する超メカという印象はなくなってしまった。まあ、ホーク1号やホーク3号も登場することだし長期のテレビシリーズでもなかったので仕方がない部分もあったのだろうが、ちょっと残念な感じである。

だから、ポインターと言えば、ウルトラセブンでは最初のTVシリーズでの印象を大事にしたい。合体・分離するホーク1号や3号、宇宙へ飛び立つホーク2号、地底戦車マグマライザーなど、ウルトラ警備隊のメカのデザインは直線や平面を基本にしたスッキリとしたデザインになっていてそれゆえにスピード感も感じられた。最初のTVシリーズにおけるポインターも、その枠内にあり、科学特捜隊やMAT、TACの乗用車と比較しても非常に未来的なデザインだったように思う。あのポインターも、1度は乗ってみたい車である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« グレンフィディックの味わい | トップページ | 自分流・ストレスとの付き合い »

コメント

ポインターは私も好きでした。ベースの車はアメ車でしょうか。ハードトップの高そうな車ですね。
ウルトラシリーズだったか、マツダのコスモスポーツが使われていた時がありましたが、あれくらい特徴があるとすぐわかるのですけどね。

投稿: 直江津いちご | 2008年1月14日 (月) 23時30分

私はどんな車だった、それすら思い出せません。しかし最近、イギリスから並行輸入した車に、日本製のカーナビやETCっていうのですか、を取り付けてもらったのですが、旦那と二人、これで武器さえついていたら、まさに007の車だと言って、現代の神器の機能にため息ばかりつきながらドライブしています。私らが子供ころ、テレビのSFものに登場していた車と比べたら、今、私らが乗っている車の方が、もっとSFチックですよね。頭がクラシックな私は、驚くばかりです!当時のウルトラ警備隊も、今の自家用車に“標準装備”されている機能をみたら、さぞや驚いて、口が開いたまま前に進めず、仕事にならないんじゃないですか?(笑)

投稿: アサヒ | 2008年1月15日 (火) 17時50分

マツダ・コスモは多分「帰って来たウルトラマン」のMATだったように思います。でも、武器とかバリアを装備し、時々使っていたのはポインターぐらいだったような記憶が……。
そのポインターもカーナビとかはついてませんでしたね。ウルトラ警備隊のビデオシーバー(TV電話になる腕時計)はもう実用化の段階です。想像力と技術の進歩…どちらもすごいですね。

投稿: TAC | 2008年1月15日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/9887639

この記事へのトラックバック一覧です: ポインター…U警備隊の超メカ:

» ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦(DVD) ◆20%OFF! [DVDアニメ 格安情報]
[続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 12時31分

« グレンフィディックの味わい | トップページ | 自分流・ストレスとの付き合い »