« 最後の一葉…12ページの詩集より | トップページ | 戦士の銃No.4/星野鉄郎の銃 »

2008年2月 4日 (月)

企業は司法を無視できる!?

日教組大会の総会が、予約したプリンスホテルの身勝手な取り消しで中止に追い込まれた。度重なる司法判断を無視して…である。発展途上国の小さなホテルでも、裁判所の度重なる判断を無視するようなことはないだろう。これは、集会・結社の自由に対する挑戦であると共に、国家権力の司法の権威に対する挑戦でもある。

もちろん、新聞はこぞってこの問題を取り上げたが、政府・与党は何をしているのか。国内の一企業が国家権力の司法権の権威を傷つける暴挙に出たのである。放置すれば、一企業の勝手で、司法判断も無視できる…ということになってしまう。政府として、公的機関の全てが、このホテルの使用を今後一切しない、当然、与党も絶対にこのホテルのグループを一切使用しない、というくらいのことをぶち上げて、愚かな企業の判断に対するペナルティーを科さないと、政府の権威そのものが地に落ちてしまう。となれば、もはや企業は、司法判断には従わなくなるだろう。

最近の司法判断の中には、確かに疑問に思うものもそれなりにある。けれども、日本が法治国家であり続けるためには、譲ってはならない一線というものがある。そんなことも分からない無責任な政府とは思いたくないのだか。

|

« 最後の一葉…12ページの詩集より | トップページ | 戦士の銃No.4/星野鉄郎の銃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10258333

この記事へのトラックバック一覧です: 企業は司法を無視できる!?:

« 最後の一葉…12ページの詩集より | トップページ | 戦士の銃No.4/星野鉄郎の銃 »