« グレンフィディックの夜 | トップページ | 最後の一葉…12ページの詩集より »

2008年2月 2日 (土)

ゆっくり寝られる朝

津の帰り、友人から電話があった。久しぶりに名古屋から帰ってきたというので、そのまま友人宅により、彼を乗せて知り合いの居酒屋へ「夕食」を食べに行った。もちろん、彼の夕食である。ところが、知り合いは風邪でダウンしているとの事。それでも、友人には通常昼間に出す定食を用意してくれて、こちらは軽くヤキソバをたのんだ。しっかり、顔を覚えてもらっているようである。そこでしばらく話をしながらゆっくりする。友人とは、12月以来である。こちらも、「寒い」と感じるのだが、名古屋あたりはもっと寒いようだ。

帰宅せずにそのまま友人のところに寄ったのは、明日は予定がたまたま空いたからである。今晩、多少夜更かしをしても、明日の朝はゆっくのと寝ていられる。土日に、特に予定がつまっていない…というのは本当に久しぶりである。

最近は、土日にも予定がつまっていることが多く、ここ何ヶ月かは、ゆっくりと朝寝坊を堪能した記憶はない。そのつもりでいても、結局、7時前には目が覚めてしまい、9時半ごろには起きていてパソコンを開いていたりするのだ。あるいは、仕事の準備をしていることもある。けれども、明日はしっかり朝寝坊をしよう。目が覚めても、布団の中にこもってウトウトする時間をじっくり味わうために……。

久しぶりの朝寝坊を、心ゆくまで堪能したいと思う。

|

« グレンフィディックの夜 | トップページ | 最後の一葉…12ページの詩集より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10219743

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり寝られる朝:

« グレンフィディックの夜 | トップページ | 最後の一葉…12ページの詩集より »