« 日本の青空…憲法の真実 | トップページ | おやすみ…あみんの歌 »

2008年2月27日 (水)

春の足音

週末ごとに雪に見舞われた2月も、もうすぐ終わる。時々、寒さの揺り戻しはあるが、少しずつ温かくはなってきているようである。市内を走っていても、2月の初め頃から菜の花が咲いているのをあちこちで見かけた。この冬は、温かい伊勢志摩でも何度か降雪を経験したが、それでも菜の花が咲いていることを考えれば、やはり温かいのだろう。

先日、仕事で市内を車で走っていたところ、菜の花だけではなく、梅の花もところどころで見かけるようになった。深夜や早朝はまだまだ寒いが、確実に春の足音が近づいてきているのだろう。もう少ししたら、桜の開花も見られそうである。

春といえば、別れと新しい出会いのシーズンでもある。別れは少し寂しいが、それでも次の再会が楽しみにもなる。そして、新しい出会いは、何をもたらしてくれるだろうか。

年度という分け方で考えると、今年度はいろいろと変化の多い年度であった。例年になくシンドイ思いもしたが、また、新しい出会いもたくさんあった。そういった意味では、出会いの多かった年度なのかもしれない。その出会いを活かしつつ、また、新しい出会いにも期待したい。

温かな日差しと青い空。春の足音は着実に近づいているようだ。

|

« 日本の青空…憲法の真実 | トップページ | おやすみ…あみんの歌 »

コメント

新潟は本日、猛吹雪でまた雪が積もりました。
外は0℃の氷の世界。
まだまだ春は、お預けのようです。

投稿: 直江津いちご | 2008年2月27日 (水) 16時59分

すみませんm(_ _)m菜の花の咲いているような街に住んでいるのに「寒い! 寒い!」などと言ってます。冬の直江津には、とても行けそうにないですね。

投稿: TAC | 2008年2月27日 (水) 20時55分

いえいえ、こちらなどまだいいほうです。
もっと北の方では、最高気温もマイナス10度とか。
それに比べればまだまだ過ごしやすいです。

投稿: 直江津いちご | 2008年2月28日 (木) 00時27分

9日に琵琶湖のほとりであった関西地区の研究会は突然の雪で電車が遅れたりして大変でした。神戸の連中も見えの連中もオタオタしてましたが、石川県から参加された方は、「この程度の雪で…」と涼しい顔。私も、京都に住んでいた頃は、もう少し寒さに強かったのですけどね。

投稿: TAC | 2008年2月28日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10789786

この記事へのトラックバック一覧です: 春の足音:

« 日本の青空…憲法の真実 | トップページ | おやすみ…あみんの歌 »