« 春の足音 | トップページ | 卒業…1つの区切りとして »

2008年2月28日 (木)

おやすみ…あみんの歌

昨年の紅白歌合戦で、復活した《あみん》が「待つわ2007」を歌っていたが、《あみん》と言えば「おやすみ」という歌も思い出す。作詞と作曲はもちろん岡村孝子。だが、この歌は、《あみん》の1stアルバム【P.S.あなたへ…】にも2ndアルバム【メモリアル】にも入ってはいない。それでも、若い岡村孝子の豊かな感性と《あみん》のハーモニーの美しさを味わえる歌である。

 

泣いているの? 笑ってるの? 黙っていたらわからない

電話してる部屋の外 雨が降っている

あんな男(やつ)と知らなかった 顔など見たくもないわと

返す言葉さがせずに ため息こぼれる

本当は彼にふられたってこと 友達にきいたけど

あなたの泣き声 ききたくなかった

もうおやすみおやすみ 泣きつかれ涙も枯れた夜だから

もうおやすみおやすみ 今夜だけは朝まで子守歌うたうから

 

人生の分岐点で悩む時、自分を支えてくれる同性の友人の存在……。その温かさが、胸に染む。珍しいテーマを扱っているが、それがまた女性の感性の一端を覗かせてくれるようで興味深い。詞の内容は少し重いが、《あみん》の高く澄んだハーモニーが、それ程重くならずに聞かせてくれる。その辺りは「待つわ」とも共通するかも知れない。

この「おやすみ」の後、《あみん》は活動を停止し、その後しばらくして、岡村孝子はソロで歌いだす。その際に「あの日の風景」や「未知標」といった歌はソロになってからのアルバムに収録されたりもしていたが、「おやすみ」はそうはならなかった。もしかすると、「待つわ」と「おやすみ」は《あみん》としてこそ歌える歌なのかもしれない。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 春の足音 | トップページ | 卒業…1つの区切りとして »

コメント

■かっこいい音楽CDプレゼント♪

はじめまして!
私の友人が、かっこいい音楽CDのプレゼントキャンペーンをやっています。

ページに行けば、音楽の視聴もできるので、
ぜひ1度聴いてみてくださいね♪

投稿: ticco | 2008年2月29日 (金) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10820639

この記事へのトラックバック一覧です: おやすみ…あみんの歌:

« 春の足音 | トップページ | 卒業…1つの区切りとして »