« おやすみ…谷山浩子の歌 | トップページ | 中高年の危機と成熟 »

2008年2月20日 (水)

漁船をよけられない「最新鋭」イージス艦

自衛艦が漁船と衝突し、当然の事ながら、漁船は沈没した。食事を採りながら聞いていた夕方のニュースによれば、漁船の側にはまだ行方不明の方もいるらしい。事故がまた繰り返されたわけで、痛ましい限りである。

ただ、漁船とぶつかったのが最新鋭のイージス艦だ、というのが非常に気になる。敵のミサイルをレーダーなどで追跡し、撃墜するというのがイージス艦の役割であり、当然、他の艦船とは段違いの優れたレーダー設備が搭載されているはずである。しかも、最新鋭なのだ。

規定に寄れば、レーダーを常に確認しているところが存在するだろうし、肉眼で確認する見張り要員も複数存在したはずなのである。それを考えれば、最新鋭のイージス艦が民間の漁船と衝突するような事故が起こる筈がない。

もちろん、今の時点で事実確認と原因の究明ができている訳ではない。けれども、あってはならないし、技術・性能面からすれば絶対に起こらない事故である。原因に、複数の人為的なミスがあったのだとすれば、それはそれで自衛隊への信頼を揺らがせる重大な事件でもある。一刻も早い原因の究明と、再発防止のための具体的で有効性のある手立てが待たれる。

こんな「最新鋭」イージス艦で、大丈夫なのだろうか。

|

« おやすみ…谷山浩子の歌 | トップページ | 中高年の危機と成熟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10647225

この記事へのトラックバック一覧です: 漁船をよけられない「最新鋭」イージス艦:

« おやすみ…谷山浩子の歌 | トップページ | 中高年の危機と成熟 »