« NHKの間違い | トップページ | ゆったりとした1日 »

2008年3月28日 (金)

国民を愛してこそ愛国心を語れる

今回の学習指導要領の改訂で、密室の中から突然「愛国心」がらみの強制が追加され、中教審の委員からも不満や不信の声があがったという記事を新聞で読んだ。無責任かつ国民を無視した反民主的な話である。小泉内閣から安倍内閣、そして福田内閣と続いた自公政権が、どれだけ一般の国民を無視し、苦しめる政策を推し進めて国民生活を破壊してきたかは、年金崩壊、医療崩壊、生活破壊、自殺者数の高止まりなどの現実を見れば明らかである。

ある意味では、政府が国民を愛し、大切にしていれば、国民の誰もが自然に国を誇りに思い、愛し、大切にするだろう。「愛国心」など強制する必要はない。けれども、それをしていないからこそ、国民に対し「愛国心」を強制しなければならなくなる。何度も書いていることである。つまり、ここまで「強制」が進んできたのは、それだけ国民無視の政策を続けてきたという証拠なのだろう。

ガソリン税の問題にしても、明らかになってきた本来の使途に関係ない使われ方をきちんと調査・説明し、不正な部分はその責任を明確にして、関係者にそれを返還させた上でないと、税の一般財源化や税率の議論はできない。それが、まっとうな手続きである。福田内閣のやり方は、そうした基本を無視して、ただゴリ押しをしようとしているだけである。学習指導要領の「愛国心」の問題も、ある意味では、そうしたやり方をそのまま続けているだけ、と言える。

だが、そんなことをしていて、日本の未来が開けるのか。答は否である。「君が代」を無理に歌わせるよりも未来の日本を背負う子どもたちにつけなければならない大切な力がある。例えば、コミュニケーション能力、例えば他者に共感し、対話できる力…もっとも、首相をはじめ与野党の国会議員の中にもこれらの能力に欠けている人は多いが……。

まずは、国民が安心して生活できる社会/国を作ってから、愛国心を語るべきであり、それを無視し、現場の声を無視しても、現場が混乱するだけだろう。そして現場が混乱すれば、結局は、そのツケは子どもたちに回り、日本の未来にもマイナスとなる。本当の愛国心は強制では育たない。

|

« NHKの間違い | トップページ | ゆったりとした1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/11907609

この記事へのトラックバック一覧です: 国民を愛してこそ愛国心を語れる:

« NHKの間違い | トップページ | ゆったりとした1日 »