« ウルトラセブン印象記…セブン暗殺計画 | トップページ | NHKの間違い »

2008年3月22日 (土)

アラン・モルトとストラスアイラ

今宵も、津に一泊と相成ったので、いつものJoe's Barに出かけた。カウンターに座ったとたん、バーテンの女の子が「アラン・モルトが入りましたよ」と言う。軽く飲めたアラン島のブレンデット・ウィスキーであるロック・ランザが頭に浮かび、さっそくショットで注文した。アルコール度数は少し高かったが、飲み口は軽く余韻もそれ程ない。逆に言えば、モルトとしてはその軽さが一風変わっていて心地良くもある。ロック・ランザの軽さと通じるところだ。軽さを味わいたいときには、けっこう良いチョイスということになる。たまには、こういう軽い味わいのモルトも悪くない。選択肢の一つとして置いておくのに良いスコッチを体験した…という感じである。

続いてのチョイスは、ストラスアイラ12年。最も愛飲するグレンフィディックと同じスペイサイドのモルトである。ただ、グレンリベットなど他のスペイサイド・モルトはいくつか味わったことはあるが、ストラスアイラは飲んだ記憶がない。その意味ではけっこう楽しみであった。

ひとくち口に含むと、フルーティーな香りが広がる。感じとしては、グレンフィデックの味わいとも通じるところがある。愛飲しているグレンフィデックをわざわざ場所を移した津で味わう気はあまりないが、その代わりとしてストラスアイラはけっこう面白そうである。その意味において、なかなか勘のさえたチョイスだったかも知れない。グレンモーレンジなどと共に、また時々飲むのも良いかも知れないと思う嬉しい味わい。明日の予定のことを気にしてショット2杯で自重したが、今宵も楽しいひとときだった。
 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« ウルトラセブン印象記…セブン暗殺計画 | トップページ | NHKの間違い »

コメント

ジ・アラン、ストラスアイラ。
共にいずれ試してみたいモルトです。スペイサイドではやはりマッカランが王道ですが、いろいろ飲んでみたいモルトがたくさんありますね。

投稿: 直江津いちご | 2008年3月24日 (月) 22時45分

私の場合のスペイサイドの王道はやはりグレンフィデックですが、ストラスアイラは、どこかグレンフィディックと通じるところがあって、けっこう好みの味でした。アラン・モルトは、ロックランザのように軽さを楽しむときには良いですね。
とうとうスコッチのボトルもサイドに並び始めました。(^_^;)

投稿: TAC | 2008年3月25日 (火) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/11663827

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・モルトとストラスアイラ:

« ウルトラセブン印象記…セブン暗殺計画 | トップページ | NHKの間違い »