« 春なのに…卒業式の日に | トップページ | 春よ、来い »

2008年3月14日 (金)

ようやく春めいて

少し前からコタツの電源を入れなくても、夜の寒さが苦にならなくなり、寝るときに着る布団も1枚となった。日中は、晴れればけっこう暖かくなり、上に羽織る服も、そろそろ冬物よりも春物…という感じになってきた。もう1度くらいは寒さがぶりかえすかも知れないが、道を走っていても、アブラナ以外にも、梅の花が開いているのを車の窓越しに見かけるようになった。冬が嫌いというわけではないが、やはり春は良い。

だが、風邪の方は1週間たっても全快とはいかず、こうしている今も、喉の辺りが今ひとつスッキリせず、咳が続くこともある。ちょっと、しつこい風邪のようだ。それでも、熱も上がらず、身体を動かす際にもあまり支障は感じない。全快まであと一歩…というところなのかも知れない。

明日は、午前中は何も予定が入っていない。春眠暁を覚えず…などという漢詩もあったが、ゆっくりと朝寝坊を楽しむのも良いかも知れない。

|

« 春なのに…卒業式の日に | トップページ | 春よ、来い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/11344586

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく春めいて:

« 春なのに…卒業式の日に | トップページ | 春よ、来い »