« 国民を愛してこそ愛国心を語れる | トップページ | 下がったガソリン »

2008年4月 1日 (火)

ゆったりとした1日

3月いっぱいまでの仕事が昨日で終わったので、今日は、思いがけなくゆったりとした1日を過ごすことができた。睡眠も十分とったし、昼は友人のラーメン屋で昼食をとって午後は行きつけの喫茶店で、カフェオレを飲みながらマンガや週刊誌を読んでいた。そして、友人たちにゆっくりとEメールも送ったりもする。久しぶりのゆったりとした時間がある1日だった。

こうした1日が1週間ほどまとまってあれば、詩や小説を書いたり、読みかけの本を読んだり、掃除などもしたり(これだけはあまり気が乗らないが…)したいところだが、明後日からは新しい仕事も始まる。また、忙しい日々の中へと戻っていかなければならなくなりそうな気配である。

それでも、とりあえず明日もゆっくりと寝ていられる。今日の風の強さからすれば、明日も、春眠暁を覚えず…という陽気になるかどうかは微妙だが、ゆったりとした日をもう1日過ごせそうである。遠くへ出かけるほどの気力はないだろうが、桜でも見ながら新しい詩などを作り始められたら良い。今年度が、昨年よりも多少余裕があってほしいと願う。ゆったりとした穏やかな1日も、あと1時間足らずである。

|

« 国民を愛してこそ愛国心を語れる | トップページ | 下がったガソリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/12103570

この記事へのトラックバック一覧です: ゆったりとした1日:

« 国民を愛してこそ愛国心を語れる | トップページ | 下がったガソリン »