« 漂流幹線000 | トップページ | 時代…中島、薬師丸、そして徳永 »

2008年4月18日 (金)

職を賭した違憲判決

航空自衛隊のイラクでの活動に対する違憲判決が出た。憲法を頂点とする法理論から判断すれば、ごく当然の判決なのだが、この判決を最後に裁判官が退職しなければならない現実が、日本における司法権の独立の危機を物語っている。司法権が、自覚と責任を持って行政権や立法権から独立しているのであれば、裁判官は憲法や法律と自らの良心のみに従って判決を出せば良い。そういう現実がないからこそ、裁判官が職を賭して違憲判決を書かなければならないのであろう。

それに対する町村発言や福田発言などは、彼らが総理や官房長官の座にあることが不適格であり、行政のトップである資格がないことを図らずも示してしまった。憲法は、最高法規であり、それに反するいかなる法律も行政も否定されなければならないのが、民主国家・法治国家の大原則であり、かつ一般国民は、勤労・納税・保護する子どもに教育を保障する義務を持つが、公務員はさらに憲法遵守の義務を持つからである。

だが、その情けなくも愚かしい事実をマスコミは徹底的に追求するどころか、きちんと指摘するようなことも出来ていないように見える。それどころか、一部のマスコミは司法権の行政への干渉とでも言いたげなことを言っている。呆れた話である。もう1度、中学校の公民から勉強しなおさなければならない程度の法律知識ではないか。日本人として非常に恥ずかしい。

とにかく、違憲判決は確定した。中学生にも劣るような法的常識のない総理や官房長官にその資格も能力も無いことは明白である。マスコミは、国会は、これに対してどのように動くのか。彼らよりは多少マシな法的知識を持った常識のある国民の1人として注視していきたいと思っている。

|

« 漂流幹線000 | トップページ | 時代…中島、薬師丸、そして徳永 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/20363882

この記事へのトラックバック一覧です: 職を賭した違憲判決:

» ◆イラク派遣・違憲/判決要旨や各種声明など/裁判長のこと [てらまち・ねっと]
 一昨日の自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の控訴審判決、全国に衝撃が走った。  政府は、裁判所のいったこと、と知らないふり。  「典型的な蛇足判決。裁判所による重大な越権行為。裁判官が個人的心情を述べているだけ」(=井上薫弁護士)  当初から加わっているものの具体的には何もしてこなかったので、ここでは私の経験として裁判長に関することにふれる。  青山邦夫裁判長を前向きに評する意味で。  控訴審は、「青山邦夫裁判長」(一昨日は、異動のため高田健一裁判長代読)。  この青山邦夫裁判長は、岐阜地裁で私が本... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 21時14分

« 漂流幹線000 | トップページ | 時代…中島、薬師丸、そして徳永 »