« 職を賭した違憲判決 | トップページ | 桜花…悲しき特攻ロケット »

2008年4月19日 (土)

時代…中島、薬師丸、そして徳永

先日行った行きつけのスナックで徳永英明のVOCALISTというアルバムが話題になっていたので、遅ればせながら今夜聞いてみた。VOCAL2も含めて、様々な女性歌手/ボーカリストのヒット曲を徳永英明が歌っているものである。そのVOCALISTの1曲目に入っている歌が中島みゆきの「時代」である。「時代」は中島みゆきの歌の中でも特に好きなものの1つで、通常のバージョンだけでなくアコースティックギターによるバージョンの入っているアルバムも持っている。高校や大学時代には、よくギター片手で歌った歌でもある。

その後、薬師丸ひろ子主演の映画「ダウンタウンヒーローズ」のイメージソングになったこともあり、薬師丸ひろ子によるシングルも出ている。さすがに、映画までは見に行かなかったが、シングルCDは買った。中島みゆきの少しけだるいような声とは違う、透き通った薬師丸ひろ子の声は、少し軽い気もしたが、時には聞いてみたいという感じの印象だった。

そして、今回の徳永英明。徳永の声はけっこう高いので印象的には、中島みゆきと薬師丸ひろ子の中間くらいで、思っていた以上にしっくりと耳に入ってきた。ある意味では、中島みゆきの少しけだるいような声は悪くはないけれど少し不満もあった。ちょうど、ユーミンの「卒業写真」よりもハイ・ファイ・セット「卒業写真」の方が耳には馴染むように、徳永の「時代」は中島みゆきよりも高くスッキリした声だが薬師丸ひろ子ほども軽くはなく、歌詞にしっくりと馴染むのである。もちろん、それぞれ嫌いではないからこそ、CDはちゃんと持っているのだが……。

この歌の歌詞のように時代はまわり、時代はめぐる。それでも、良い歌は、時代を越えて歌い継がれる。歌手は変わっても、それぞれに味わいのある歌。今夜は、じっくりと「時代」を楽しもうか。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 職を賭した違憲判決 | トップページ | 桜花…悲しき特攻ロケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/20396944

この記事へのトラックバック一覧です: 時代…中島、薬師丸、そして徳永:

« 職を賭した違憲判決 | トップページ | 桜花…悲しき特攻ロケット »