« グレンモーレンジ&ウシュクベ | トップページ | 世情…中島みゆき「愛していると云ってくれ」より »

2008年4月29日 (火)

すぐに解散を!!

山口での補選は、自民・公明の与党の敗北で終わった。もはや、民意は明らかである。福田内閣に政権を担当する資格も、能力もない。日本が、先進国・民主国家であるためには、これ以上、政府・与党による暴走を許してはいけない。政府・与党が、恥を知り、力量を自覚しているならば、すぐに解散・総選挙をするべきだろう。

それが出来ないのは、政府・与党に国家百年の計を考えるビジョンも能力もなく、無責任な存在に成り下がっていることにも原因はあるが、同時に、それを徹底的に追求し切れないマスコミの無責任と能力の低下も問題である。

そのような状態で、重要な法案を民意無視の「再可決」で通されてはたまらない。アメリカの独立のきっかけとなったのは、植民地からの代表者のいない英国議会で勝手に植民地への課税が決定されたことがきっかけだった。代表が、国民の意識とかけ離れた選択をしていては、国会はファシズム組織となってしまう。すぐに、解散・総選挙が必要である。

|

« グレンモーレンジ&ウシュクベ | トップページ | 世情…中島みゆき「愛していると云ってくれ」より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/20635874

この記事へのトラックバック一覧です: すぐに解散を!!:

« グレンモーレンジ&ウシュクベ | トップページ | 世情…中島みゆき「愛していると云ってくれ」より »