« 1杯だけ飲んで… | トップページ | クラスター爆弾、ガソリンの高騰…決断力のない無能政権 »

2008年5月31日 (土)

仮面ライダーSPIRITS…ストロンガー・スカイライダー・スーパー1

村枝賢一の描く『仮面ライダーSPIRITS』の第3巻に登場するのが、ストロンガー、スカイライダー、スーパー1である。そして、ストロンガー編では、今は亡き小林昭二さんの演じた立花藤兵衛=おやっさんも出てくる。パイプを加えた表情など、往年のおやっさんの姿が目に浮かぶ。何とも言えない登場である。

ストロンガー編の冒頭、謎の組織の暗躍に対し、滝和也は、インターポールの選任捜査官・三影英介と共に立花レーシングクラブを訪ねる。そこでは、ストロンガー城茂が、毎日、岬ユリ子の墓に花を供えながら立花藤兵衛と共に暮らしていた。その城茂を村雨を指揮官とする改造人間の一団が襲う。城茂はストロンガーに変身して戦うが、電パンチも電キックも彼らには通じない。そこで、チャージ・アップによる超電ドリルキックによって敵の1人を倒すが、村雨には通用しない。ボロボロになっても戦い続けるストロンガーは、岬ユリ子・タックルが自らの死と引き換えに敵を倒したウルトラサイクロンを使う。全滅する敵サイボーグ。だが、インターポールを裏切った三影は、村雨の頭を持って敵組織に入る。村雨は後に10号ライダーZX(ゼクロス)となり、三影はZXのライバル・タイガーロイドに改造されることになる。

スカイライダー編では、北欧を旅する筑波洋が古城でフレイアという娘と出会う。フレイアの兄フレイは、妹と共に科学者である実の父の手によって改造され、さらに謎の組織はフレイをドクガロイドに改造していた。謎の組織はフレイア兄妹の父親の毒に関する技術に目をつけ、彼を引き込もうとしてドクガロイドを送る。ドクガロイドの猛毒の燐粉に、スカイライダーも重力低減装置を犯され墜落してしまう。フレイアの父は彼女の解毒能力を更なる改造によって強化しようとする。そして、彼は謎の組織からの誘いにも魅力を感じていた。自分の子どもよりも毒の研究を優先しようとする良心を失った科学者の父親の姿にドクガロイドは彼を殺してしまう。スカイライダーは警備の人々やフレイヤのために再びドクガロイドに挑み、大回転スカイキックでドクガロイドを倒す。

スーパー1編は、沖和也が仲間と共に建設に取り組んでいる月面基地をアメンバロイドが襲う。和也の所属するチームは辛うじてスペースシャトルで月面を脱出するが、大気圏突入の角度を狂わされてしまい、シャトルもろとも燃え尽きる危険の中、スーパー1は単身で外に出て、重力コントロール装置と冷熱ハンドを使ってシャトルを救おうとする。その姿にシャトルの乗組員たちも希望を取り戻し、生還のための努力を続ける。だが、海面に何とか着水したシャトルを再びアメンバロイドが襲う。老いの衰えを改造人間になることによってカバーしようとした拳法家であるアメンバロンド。力を自分のためだけに使おうとした男に、スーパー1の赤心少林拳が炸裂する。

改造人間として生身の身体は失っても、人間の心を失わず、人々を守るために戦おうとする仮面ライダーたちの思いと、彼に関わり続ける人々の思いの強さが胸を打つ。そして、4巻以降のZX編でも、一人ひとりのライダーたちの壮絶な戦いが胸に迫る。その前哨戦としての意味を持ちながらも、ひとつひとつの物語が胸を熱くする第3巻である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 1杯だけ飲んで… | トップページ | クラスター爆弾、ガソリンの高騰…決断力のない無能政権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/21318557

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーSPIRITS…ストロンガー・スカイライダー・スーパー1:

« 1杯だけ飲んで… | トップページ | クラスター爆弾、ガソリンの高騰…決断力のない無能政権 »