« 明日は神戸へ | トップページ | やはりグレンフィディック »

2008年6月 9日 (月)

厳罰化よりも絶望への手立てが大切

秋葉原で無差別に多くの人々が殺傷される痛ましい事件が起きた。犠牲になった人々の痛みや無念さを思うと言葉がない。理不尽にも亡くなった人たちの冥福と傷ついた人々の回復を心から祈りたいと思う。

だが、無差別殺人が繰り返される日本社会の病理を、個人的な「心の闇」という言葉で片付けて厳罰化を進めても問題は解決しない。ある意味では、自分では自殺できないが大量殺人をすれば死刑にしてもらえる…という思いが、この種の事件を引き起こしているようにも見える。もちろん、そうした発想が正常ではない…と言える訳だが、厳罰化が歯止めになるどころか無差別殺人を助長しているのではないかと思われるのである。

もちろん、被害者の家族として極刑を望む心情は良くわかる。だが、加害者が死刑を望んで事件を起こしたのだとすれば、その願いを適えることは加害者に対する歯止めの意味をなさないことにつながるのではないだろうか。その意味では、終身刑などを設定し、加害者が逃げたがっている「現実世界の生」につなぎとめ、償わせることの方が、加害者にとって厳しい対処ではないかと考えられなくもない。

それに加えて気になるのは、加害者を絶望に追い込む日本社会の病理の問題も気になるところである。これは、年間の自殺者がこのちところずっと年間3万人を超えて高止まりをしていることと同根のものであろう。一部の金持ちだけが潤い、多くの人の生活環境を悪化させて、弱者が疲れ果て絶望しなければならないような状況に追い込もうとする社会。そこの部分の手立てをどうにかしていかなければならないだろう。

|

« 明日は神戸へ | トップページ | やはりグレンフィディック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/21532647

この記事へのトラックバック一覧です: 厳罰化よりも絶望への手立てが大切:

» 【海外】「射殺人数の記録破って注目されたい」…高校生を逮捕。また黒いノートを押収。アメリカ[6/6] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212751336/ [続きを読む]

受信: 2008年6月10日 (火) 08時47分

» ピジョン【7956】売ってきました♪♪ [★株式投資でミリオネーゼ★]
みなさん、株の調子はいかがですか〜。 私は、本日寄り付きでピジョン【7956】を売ってきました。 29日に銘柄配信サイト から推奨されていたので、5/30に1,830円で500株注文。 寄付きから窓を開けて始まったのでちょっと期待してたんですが、 [続きを読む]

受信: 2008年6月12日 (木) 00時15分

« 明日は神戸へ | トップページ | やはりグレンフィディック »