« 仮面ライダーSPIRITS…ストロンガー・スカイライダー・スーパー1 | トップページ | 明日は神戸へ »

2008年6月 1日 (日)

クラスター爆弾、ガソリンの高騰…決断力のない無能政権

クラスター爆弾禁止条約の採択の過程で、日本政府のお粗末な対応が目立った。平和憲法を持ち、専守防衛の自衛隊を持つ日本としては積極的にクラスター爆弾を禁止する側に立ち、英米を説得するべきだった。それこそ、「決断力」を持つ政府の姿である。にもかかわらず、実際はどうだったか。国民の信頼を得ないまま政権に居座る福田政権はそれをせずに放置して、内外の反対の高まりでしぶしぶ禁止する側に回った。国際情勢も、国民の思いも読めずに右往左往して、決断力のなさを内外に露呈してしまった。選挙があれば絶対に選ばない政権だが、ここまで無能だと、国民として恥ずかしい限りである。

イラクでの戦闘の結果明らかになったように、クラスター爆弾は、一時的な破壊に加えて不発弾による二次的な被害が問題である。従って、敵地での使用は自国民には被害が出ないが、専守防衛の自衛隊が使うのは当然国内、という事になるので、戦闘終了後も国民に多大の被害をもたらす可能性が高い。それが明らかになった以上、クラスター爆弾は積極的に禁止する側に回るべきだったのである。それをすれば、国内外を問わず、その【決断】が賞賛されただろう。正しい決断と間違った決断の撤回は早い方がよい。それをするのが、本当の意味での「決断力」である。

同じように、四月末、自公政権はガソリン税を再可決した。そして月が変わった今日、道沿いの多くのガソリンスタンドでガソリン価格が高くなっていた。原油の高騰が原因だが、これだけガソリンが高くなっては、必要最低限な場合を除いて車の使用は抑制せざるを得なくなる。車がますます走りにくくなる状況を招きながら、道路を作る。大いなる矛盾である。これも、「判断力不足」や「決断力不足」のなせる業であろう。食料品の高騰もあって、人々の生活はますます苦しくなっていく。国民の生活に被害がなければ、多少の無能や決断力不足は許容できないでもないが、これだけ国民生活を悪化させてしまっては、許容不可能である。明日にでも、衆議院の解散と総選挙を求めたい人は少なくないと思うのだが、マスコミの反応はカタツムリの動きよりも鈍い。トップの判断力・決断力の不足ゆえだろう。

それが、日本の傷をさらに深く大きくしていく。治療は、1秒でも早い方が良い。日本の未来を真剣に考えれば、洞爺湖サミットなど待たずに、無能総理をさっさと引き摺り下ろさないと……と思うのだが。

|

« 仮面ライダーSPIRITS…ストロンガー・スカイライダー・スーパー1 | トップページ | 明日は神戸へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/21339712

この記事へのトラックバック一覧です: クラスター爆弾、ガソリンの高騰…決断力のない無能政権:

« 仮面ライダーSPIRITS…ストロンガー・スカイライダー・スーパー1 | トップページ | 明日は神戸へ »