« リューズとクレア…映画「銀河鉄道999」より | トップページ | 金持ち優遇が世界を滅ぼす »

2008年8月21日 (木)

余市…スコッチではないが

バテ気味で少し気合を入れようとする時には、ウィスキーを1ショット飲むことがある。今夜は、ちょっとそんな気分だったので、ウィスキーを飲もうと手を伸ばした。ちょっと、ティーチャーズの方に手を伸ばしかけたのだが、1ショットならシングル・モルトの方が良かろうと思い直し、東京の研究会に持ち込んで、飲み残した【余市】の方を手に取った。

【余市】は、その名の示す通り、スコットランドではなく、日本の北海道で作られるニッカのシングル・モルトである。日本産ではあるが、シングル・モルトとしては良い味を出していて、もちろん、ストレートにも耐えうるしっかりとした味わいがある。好みのスコットランドのシングル・モルトと比較すると良くも悪くもまろやかではあるが、それは日本という風土と文化が育てた味わいであり、けっして悪くはない。

その証拠に、1ショットで止めるつもりが、ついつい2杯目をショット・グラスに注いでしまった。とりあえず、緊急かつ重要な案件をひかえている訳でもないので、気合を入れ直すつもりが、反対にくつろいでしまったという事だろう。暑さのためにだらけてたるんでしまった精神ゆえか、あるいは【余市】の上質の味わいが豆腐のような根性を軽く凌駕してしまったせいか、いずれにしても、結局は仕事にならなくなってしまった。

この際、無駄な抵抗はせずに、仕事は明日に回して、今夜は国産のシングル・モルトをじっくりと楽しむことにしよう。幸いなことに、明日はそれ程早起きをする必要はない。2時や3時まで飲み続けるつもりはないが、立秋を過ぎて少し涼しくなってきた8月の夜を、【余市】を片手にゆったりと過ごすのも良い。窓の外からは、虫の声が聞こえている。

|

« リューズとクレア…映画「銀河鉄道999」より | トップページ | 金持ち優遇が世界を滅ぼす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/23142971

この記事へのトラックバック一覧です: 余市…スコッチではないが:

« リューズとクレア…映画「銀河鉄道999」より | トップページ | 金持ち優遇が世界を滅ぼす »