« 余市…スコッチではないが | トップページ | 歌ってよ夕陽の歌を »

2008年8月24日 (日)

金持ち優遇が世界を滅ぼす

道沿いのガソリンスタンドが表示しているガソリン価格は、ほとんどが180円台となっているが、元売各社の意向では、まだまだ下がりそうにはない。と言っても、小売のガソリンスタンドが儲けを出しているわけではなく、顔見知りの従業員の話では、かなり大変そうである。加えて、漁業や農業にも原油高の悪影響は確実に出ており、生産者の立場からすれば、燃料サーチャージなり、相応の支援なりが確実に必要な状況である。

そういう現状を見ていると四月の責任ある与党の無責任による揮発油税等の衆議院での再可決は、無思慮・無分別の批判は免れないだろう。選択肢としては、全廃かそのままか、というだけでなく、一時的に期限を切って10円なり15円なり安くするとか、原油価格の過度の上昇時の限定付きでその期間だけ税率を下げるという選択肢もあった訳で、車の使用が減少している中での「道路作り」など、ちぐはぐを通り越した明らかな失政であろう。

ただ、原油や食料の高騰は、投機マネーがそこに流れ込んだという要因もある。だが、その投機マネーにしても、アメリカや小泉改革後の日本が税制をはじめとして金持ち優遇の政策をとったことにも原因がある。そちらからの課税をしっかりして、低額所得層への減税を進めれば、もっと内需が安定して、投機や輸出にこれほど依存する形にはならず、経済ももう少し安定感を感じられたのではないかと思われる。

その意味では、金持ちよりも一般の人々の生活の安定に経済政策を大胆に転換すべきだし、投機マネーの暴走を抑えられるシステムの構築が世界レベルでの課題となる。先進国優位のWTOによる自由貿易の促進は、輸送の負荷による環境への悪影響がもっと懸念されて良いし、その点から考えれば、暴走する投機マネーを制限する国際的な取り決めこそがWTO辺りでも議論されてもよさそうである。

金持ちは、そのお金を世の中のために使う責任がある。欲望に踊らされて、その責任が果たせないのなら、それは法や人権の視点から、厳しい制限が設けられても仕方がない。アメリカ発の金融資本主義の失敗と、それを無批判に受け入れようとした自公政権の失敗は明白である。そのつけは、今、多くの普通の人々や貧しい人々に回されている。この無責任システムを何とかしないと人類社会全体が回復しきれない傷を負うことにもなりかねない。方向転換のためのタイムリミットは想像以上に近いかも知れない。

|

« 余市…スコッチではないが | トップページ | 歌ってよ夕陽の歌を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/23217683

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ち優遇が世界を滅ぼす:

» 【経済】「中国向け」輸出 戦後初めて「米国向け」上回る 7月貿易統計速報 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1219301604/ [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 21時41分

» ★ベトナム 個人所得税★ [★ベトナム株式・金利・経済★最前線情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)ベトナムでは2009年度より株式売却時及び不動産売却時に個人所得税が生じます。具体的には、株式売却時には取引額の0.1%或いは利益額の20%を選択し支払わなければならない。不動産場売却時には価値の2%或いは利益の25%の個人所得税を払わなければならない。ベトナムハノイの不動産はインフレによりとても高くなっており、この税法により、不動産価格が適正化することが予想され、大歓迎です。不動産価格が適正化することにより外... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 21時49分

» ジュディの日暮し日記(リウマチ、脳内メーカー、アドセント、般若心経 [ジュディの日暮し日記]
平家物語、般若心経、ジュエリー、脳内メーカー、リウマチ、骨折,音楽、映画、その他色々な日ごろ思ったこと、実際にあったことを、綴ってます。 [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 13時22分

« 余市…スコッチではないが | トップページ | 歌ってよ夕陽の歌を »