« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

まずは解散

麻生政権発足後わずか5日で国土交通相が辞任をした。事実誤認と捻じ曲げの放言に与党内からも批判が出て、とうとう辞任に追い込まれた訳だが、このような人物が国務大臣としての資質に欠ける(国会議員としての資質にも欠ける!!)のは明白であり、自民党が政権与党としての責任感や能力に欠ける事実をまたまた見せ付けてくれた。

そして、麻生首相の所信表明演説の異常さも特筆すべきであろう。自民党は与党であって野党ではない。代表質問ではないのだ。内外の情勢は多くの問題を抱えているが、この際は、多少の政治的空白に目をつぶっても、政権担当能力も責任感もない無能・無責任与党に一刻も早く下野してもらう他はない。内外の山積する難問を前に、無能な与党に政権に居座られ、間違った政策を選択されては国そのものが危ういからだ。

とは言っても、民主党にそれほど信頼を置いている訳でもない。今の自民党とそれ程大きな能力の差があるようには思えないからである。けれども、まともな話し合いもせずに強行採決を連発した小泉政権以降の自公政権の年金改革や医療制度改革、郵政改革によって国民生活はズタズタになった。年金問題なども採決される前に指摘されていたことも少なくない。つまり、小泉政権以降の政策が間違っていたのである。そうした政党に、また政権を託せば、日本は潰れてしまう。大切なのは、ミスをすればすぐ政権交代につながるという緊張感である。民主党がバカをやれば、また選挙で引き摺り下ろされる。そうした状況を作ることによってこそ、改悪でない改革の第1歩が踏み出せるのである。

輸出やバクチ経済に頼っていては、生産現場は崩壊してしまう。労働者/生活者を安定させることによって内需の拡大と生産の安定を実現すれば、食の安全も含め、道は見えてくる。まずは、解散。今はそれが急務である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月26日 (金)

サプライズを擬した敵前逃亡

茶番のデキレース自民総裁選が終わって麻生内閣が誕生したと思ったら、小泉元首相が衆議院議員を今季限りで引退するという。TVやマスコミはこぞって「サプライズ」扱いをしているが、冷静に見れば、「敵前逃亡」以外の何ものでもない。

夕方のニュースで、とある地方都市の医療崩壊の現場が報道されていたが、地方では非常に不便になった郵政民営化ばかりでなく、福祉の切捨て、年金崩壊、医療崩壊などの原因を辿っていくと、「小泉改革」時代の法改正(というよりも改悪)に行き着く。つまり、「小泉改革」によって、日本の社会は多くのものを失ってしまったのである。

となれば、小泉元首相に対する「責任問題」も、今後の制度の見直しの中では出てくることなろうことは想像に難くない。が、衆議院議員を引退してしまえば、衆議院議員でいるよりも追及の矛先は鈍る可能性は高い。特に、しっかりとした分析や追及をせぬまま、「サプライズ」扱いをしている日本のマスコミの力量不足を思えば、火を見るよりも明らかである。

つまり、小泉元首相の行動は、サプライズを擬した「敵前逃亡」なのである。その意味では、小泉元首相は、政権を途中で投げ出した安倍元首相や福田前首相と同じように無責任であるばかりでなく、姑息で卑怯であると言えよう。けれども、このような無責任で卑怯な行為が可能だったのは、小泉元首相がマスコミを利用する直感的判断に長けていることと、マスコミがそれを見極める判断力を持たずに踊らされてしまっていることによる。マスコミの罪は大きい。

それにしても、このような人物しかいないにも関わらず、民意を無視して政権に居座り続けた自民党の力量の低下は目を覆うばかりである。組閣して一週間もたたないのに国土交通相の失言が飛び出すような内閣しか作れない政府与党。国民のためには、総辞職して解党してもらった方が良さそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月22日 (月)

学校…夜間中学の姿

山田洋次監督の映画【学校】は15年ほど前の1993年の映画である。15年の構想、しっかりと地に足の着いた取材の末に完成したしたこの映画は、夜間中学を舞台にしたすばらしい作品である。若い頃からけっこう映画を見ているが、大抵、映画館に見に行くのは1度だけである。が、この【学校】だけは違っていた。自分でそのためだけにお金を払って2度も映画館に見に行った唯一の映画がこの【学校】なのである。

個人的には、夜間中学には思い入れがある。大学の卒論のテーマに選んだのが夜間中学であり、3年生の時には2週間に1度は大阪の夜間中学に通い、東京やその他の夜間中学の作文集なども手に入れて読んでいた。そのため、映画のエピソードの中には元のエピソードが特定できるものもある。田中邦衛が演じたイノさんなどは特にそうである。

ただ、現実の夜間中学の現場は過酷である。40年ほど前から登校拒否/不登校や在日外国人の問題、識字教育、就労問題など、壮絶な問題を山ほど抱えていた。それに接した経験があったから、登校拒否・不登校の問題や外国人の識字教育の現場でたじろがずにすんだのかも知れない。あるいは逆に、夜間中学に接したからこそ不登校問題や外国人の識字問題に関わったのかも知れない。

それゆえに、中途半端な作品であれば、怒りを覚えただろう。けれども、丁寧に作られたこの映画は、過酷な現場を知る者にとって納得のいくものであったと同時に、深い感動を与えてくれるものであった。50歳を超えてから夜間中学に入学し底辺で働きながら学校に通い続け、学校生活を精一杯楽しみながら卒業を前に癌で亡くなったイノさんの人生、不登校から夜間中学に通い出し、将来への夢を見出した江利子の決断、鑑別所を出て、昼間の学校にはじき出されたみどりの出会い……それぞれの生徒達のひたむきさ、迷いながらも生徒達に必死に向き合おうとする先生達の姿。その1つひとつが胸を打つ。

今夜は、久しぶりにTVで放映されていたので、あらためて【学校】を見た。何度見ても、1つひとつのシーンが心に切なさとほんのりとした温かさを残し、希望を紡いでくれる。冨田勲のほのぼのと音楽に抱かれ、優しい時間が過ぎていった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

「銀河英雄伝説」から【国民のための政治】を考える

リンカーンは、ゲティスバーグの演説で【民主政治】を「人民の、人民による、人民のための政治」だと定義したという。ところで、今の社会を見た時、特に「人民のための政治」という部分がなおざりにされているように感じられる。二代続けて、途中で政権を投げ出すような党首/首相をえらび、国民の職の安全を軽く考えて、けっきょくたかだか5日前に「辞任」するような無責任大臣を選んで何の反省もないような政権与党にとって、一般の国民などは利用して水から甘い汁を吸うための道具としか考えられないのかも知れない。

そうした状況に多くの人が苛立ちを覚えているだろうが、「改革」は遅々として進まず、「改革」という名を冠した「改悪」が国民の生活を破壊し続けている。そうした現実を見ていると、独裁でもいいから…という思いが頭を掠めることがある。そしてその後で「銀河英雄伝説」を思い出してしまう。「銀河英雄伝説」のラインハルトは、戦争の中でその優れた知略と才能を発揮して武勲を重ね、銀河帝国ゴールデンバーム王朝を倒して、新銀河帝国ローエングラム王朝を樹立する。

ラインハルトは独裁者だが、彼は旧王朝の貴族特権を廃止し次々と行財政改革を推し進める。だが、それは一般国民にとって旧帝国と比較して公平・公正な方向への上からの改革であり、ラインハルトは国民の支持と敬愛を一身に集める。兵士達は歓喜と尊敬をこめて「マイン・カイザー/我が皇帝」と呼ぶのである。

一方、銀河帝国と敵対する自由惑星同盟のヤン・ウェンリーは、腐敗した政府に足を引っ張られながらその知略と詭計で何度となく帝国軍を撃破・撃退するが、最後には自由惑星同盟政府に裏切られて命の危険にさらされ、仕方なく流浪の身となる。ヤンは、腐敗した民主政治を守るために、最後まで国民のための専制政治と戦うことになる。国民にとっての幸福はどちらなのか……という思いを胸に抱きながら。それでもヤンは、民主主義の理想を捨てず、ラインハルトとの停戦の交渉の途上で暗殺者の手によって命を落とす。

さて、独裁者と呼ばれる政治家は現代も存在しているが、中には国民の絶大な支持を得ている政治家もいる。反対派に「人気取り」と非難されても、その政策の結果、一般国民の生活がそれなりに改善された事実が存在するからである。生活を改善された国民が支持している独裁者は、一般国民の生活の困窮に目をつぶり「民主主義」を自称して結果として国民生活を破壊する「改革」という失政のツケを国民に押し付けている政治屋たちよりも、ずっと「国民のための政治」を行っていると見えなくもない。

ある意味では、民主政治は、国民に厳しい政治システムである。それは、国民の一人ひとりが自立し、自覚的に自らの代表としての政治家を選出する能力を試されるからである。ただ、その支えとしてはきちんとした情報公開が前提となる。逆に、腐敗した政権ほどメディア・コントロールを強めて、事実を国民に知られることを恐れる。戦争中の「大本営発表」などはその最たる例だが、現在の日本のマスコミは、それを笑えない状況に陥りつつあるように思われる。国民の1人として忸怩たる思いである。

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

久しぶりの映画

8月にもとうとう映画に行きそびれてしまったので、昨日は、カウンセリング演習の帰りに、何が何でも……という思いで伊勢の映画館に寄った。進富座は、派手な宣伝の超大作を持ってくることは少ないが、良質の良い作品をいつも上映しているので、忙しい時期には「この映画を見に行く」という形で行くのではなく、「上映時間が良いタイミングで始まる」という選択肢だけで行くことが多い。それでも、まず「外れ」はない。このような映画館が、いまだに残っているのがうれしい。

で、今回見た映画だが、もちろん、「外れ」ではなかった。だが、カウンセリング演習の帰りに寄って見る映画としては生々しすぎるところもあった。たまたま、実際に起こった事件を映画化した作品で、その事件とは、母親殺しであった。

人間が、大人として自立する際には、精神的に「親殺し」あるいは「親離れ」の葛藤を超えていく必要がある。それができないと、どうなるのか……。「不幸な事件」が起きるのである。この映画を見ていて、精神分析的な視点からすれば、母親が殺されなければならない事情が非常に良く分かった。この息子は、確かに母親を殺すしかなかったのである。

子どもの成長にあたって、母性の存在は不可欠である。けれども、母性は必ずしも良い面ばかりでなく、子どもを母の枠内に閉じ込めて飲み込んでしまいかねない暗黒面をも併せ持っている。両親が離婚し、母親と共に暮らす息子は、不安定な母親のために「物分りの良い息子」、「自慢の息子」であり続けるしかなかった。そこに「自分」という存在が育ちきれないまま抑圧されていけば、当然、精神的に追い詰められていく。そこから開放される唯一の選択は、もはや「母親殺し」しかなかったのである。

心の動きとしては非常に納得できた作品だが、途中で、半分「精神分析の勉強」のような感覚に陥ってしまったところがあった。「映画」としては満足のいくレベルの作品だったし、また、久しぶりの映画を楽しむことも出来た。だが、別の「選択」でも良かったのではないか……という思いも少し残ってしまった。ただ、それも含めて楽しいひとときだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

サービス残業の文化的背景

「サービス残業」という不法な賃金未払い労働が横行して久しいが、特に、それによるウツや自殺などの増加は、小泉改革の頃からの「成果主義」との結び付きによって労働環境を悪化させると同時に家庭の生活環境も悪化させていった。だが、「サービス残業」などという発想は、まず欧米では見られない。なぜかと言うと、キリスト教のベースを持つ契約社会の欧米では、8時間労働の「契約」であれば、それを超えて働くことなど基本的な発想としては考えられないからである。だから、契約の「定時」になれば、仕事が途中でも、そこで止めて帰宅するなり仕事外の時間の自由を楽しむなり…という選択となる。

そうした現実があるからこそ、それなりに仕事の結果としての形を求める「成果主義」の発想は、労働の効率から考えて、どうしても必要なものだったのであろう。そして、結果さえ出せば…それなりの形が出来れば労働時間は少なくても良い筈…ということでホワイトカラー・エグゼンプションの発想が出てきたのではないかと思う。

だが、日本ではどうか。日本では、仕事にある程度区切りがつかなければ、少しくらいは残って片付けたり、家に持ち帰って片付ける…という発想は以前からあった。その意味では、定時にきちんと終わる…という意味での労働時間の厳守よりも、仕事に区切りをつけることを優先する発想が一般的だったと言えるかも知れない。だがそれは、もともとの労働の中に「結果」の発想が内包されていたということにならないだろうか。そう考えると、「成果主義」とは言わないまでも、「小泉改革」という改悪以前に、「成果主義」に近い発想がすでにあったと言えそうである。

その中でさらに【成果】を求めればどうなるか。結局、【成果】の目標値を上乗せするしかなくなり、そこにどうしても無理が生じてしまう。それが、労働環境を悪化させ、労働者の意欲を損なって、家庭や社会を疲弊させ、内需の低下にも繋がってしまったのである。その意味では、「成果主義」の導入は失敗であったと言えるだろう。

時間の区切りよりも仕事の区切り……それは、労働者が自らの仕事に責任感と誇りを持っていた証であり、それが労働者の側から見れば主体的な「サービス残業」を生んでいたのだろうし、そのことが希望や努力に結び付いていた部分もあるだろう。しかし、追い詰められて押し付けられた「サービス残業」は、時間を奪い希望を奪って労働者を疲弊させ、意欲を減退させてしまう。これでは「結果」は出難い。

とすれば、どうすれば良いのか。背景を考えずに直輸入しただけの「成果主義」では建て直しは不可能だが、かといってそのまま昔の形に戻すことも不可能である。日本の文化的な伝統にも意識を向けながら、日本人に合った労働の形をあらためて創り上げなければならないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 6日 (土)

経済論争でごまかす無責任

福田首相の政権投げ出し辞任宣言によって、自民党は新党首選びの茶番劇を演じ始めた。だが、立候補を表明したり希望したりしている人たちの中から、2代続けて政権を途中で投げ出すような能力や資質に欠けた党首を選んだ責任についての話が聞こえてこない。もっともらしく「経済論争」をピーチクパーチクとさえずって、それをごまかそうとしているのが見え見えである。

だが、不思議なことにマスコミの方もその戦略に乗ってしまっていて、政権投げ出し党首を選出した党の責任に対する厳しい追及はあまり見られないように思われる。つまり、マスコミの方も分析や取材能力の低下によって、戦前の「大本営発表」を無批判に垂れ流し続けて世論をミスリードしたように、自民党の思惑に乗ってしまっているようである。

そもそも、資本主義のシステムは、外部を周辺部に組み込むことによって「市場化」を進め、周辺部の富を中心部が吸い上げる形で進んでいる。だが、周囲が中心部を目標に力をつけようとする動きの中で中心部が優位性を保とうとすれば新しいシステムへとルールを移行する形で格差を拡大しようとするしかない。

だが、それは軍拡競争と同じで、「血を吐きながら走り続けるマラソン」(ウルトラセブン/超兵器R1号)となってしまう。中心部も、いつ追い抜かれるかという恐怖を内に秘めながら走り続けなければならないし、周辺部は圧倒的な格差によって生存権をないがしろにされ、憎悪を募らせていく。争いやテロが多発するのは、システムの欠陥が原因なのである。

とすれば、処方箋は中心部への富の吸い上げにブレーキをかけ、富の再分配を図ることで生存権までもおびやかしている格差を是正する必要が出てくる。それこそが、政府の経済政策の役割なのである。だから、「財政改革派」にしろ「景気対策優先派」にしろ「上げ潮派」にしろ、無駄な支出の削減は必要だし、生活を守るための生活賃金の考えの導入も不可欠である。

自らの仕事もまともにできない社会保険庁の職員にボーナスや給与をまともに払うのは無責任だし、無駄遣いでもある。ましてやその後始末に税金を使うなど、「盗人に追い銭」であろう。また破綻した夕張市の職員達の例に倣えば、官僚や国会議員の給与も当然大幅なカットが必要である。それをせずに「増税」だの「赤字国債発行」だのの議論は明らかにおかしい。

自民党の党首選挙をお祭り騒ぎのように繰り広げているが、辞任表明に際して株価の大幅な変動はなかった。シビアな見方をすれば、福田首相がどれほど自画自賛して「冷静」などとのたまっても、投資家達からすれば所詮は織り込み済みのことであり、驚きでも何でもなかったということである。世界には、この茶番劇を見透かしている目がある。日本のマスコミの視線は、そこまでの高みには行っていない。

国民はどうだろうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

責任ある政党の非常識と無責任

今日のニュース報道は、福田首相の辞意表明がどの時間帯でも扱われていたが、なぜこのタイミングなのか? という点においては多少驚きであったが、行政のトップとしての責任感にも能力にも欠けていることをこの1年足らずの間に露呈させてしまった福田首相が辞めることに対する驚きはほとんどなかった。内外に問題が山積する中で、国民を害すること以外何もなし得ず、サミットに参加することのみを目的に政権に居座り続けた首相に対し、肯定的な評価は下し難い。

それにしても、安倍前首相といい、現福田首相といい2代連続で政権を途中で投げ出した形である。自公政権は「責任ある与党」という言い方をよくするが、2代続けて政権を途中で投げ出すような党首・首相を選出した責任はいったいどうなっているのか。「責任ある与党」の無能と無責任、ここに極まれり……と言えそうである。

民主主義の本来の原理・原則からすれば、参議院選挙の歴史的敗北によって国会の論議が膠着した時、与党は、衆議院を解散して民意を問うべきだったのである。その結果であれば、様々な「改革」も民意に支えられたものとして説得力を持ったであろう。ところが、解散から逃げて選挙の洗礼を受けていないニセ内閣が2代にわたって政権を握り、国民の福利を後退させる政策を推し進めた。けれども、世論に突き動かされた野党の厳しい追及に耐え切れず、2代とも総理が途中で政権を投げ出したのである。福田首相はサミット(先進国首脳会議)のホスト役を務めたが、とても民主主義の「先進国」とは言い難い惨状である。

先進国を名乗りたいならば、安倍前首相が衆議院を解散して民意を問うべきであった。それから逃げ、詭弁を弄して政権に居座り続けた自公政権は、非常識かつ無責任で、「責任政党」としての能力と資質に欠けている。日常的に発言している程度に「愛国心」を持つならば、一秒でも早く衆議院を解散するしかないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »