« サプライズを擬した敵前逃亡 | トップページ | ビジョンのない政治家たち »

2008年9月30日 (火)

まずは解散

麻生政権発足後わずか5日で国土交通相が辞任をした。事実誤認と捻じ曲げの放言に与党内からも批判が出て、とうとう辞任に追い込まれた訳だが、このような人物が国務大臣としての資質に欠ける(国会議員としての資質にも欠ける!!)のは明白であり、自民党が政権与党としての責任感や能力に欠ける事実をまたまた見せ付けてくれた。

そして、麻生首相の所信表明演説の異常さも特筆すべきであろう。自民党は与党であって野党ではない。代表質問ではないのだ。内外の情勢は多くの問題を抱えているが、この際は、多少の政治的空白に目をつぶっても、政権担当能力も責任感もない無能・無責任与党に一刻も早く下野してもらう他はない。内外の山積する難問を前に、無能な与党に政権に居座られ、間違った政策を選択されては国そのものが危ういからだ。

とは言っても、民主党にそれほど信頼を置いている訳でもない。今の自民党とそれ程大きな能力の差があるようには思えないからである。けれども、まともな話し合いもせずに強行採決を連発した小泉政権以降の自公政権の年金改革や医療制度改革、郵政改革によって国民生活はズタズタになった。年金問題なども採決される前に指摘されていたことも少なくない。つまり、小泉政権以降の政策が間違っていたのである。そうした政党に、また政権を託せば、日本は潰れてしまう。大切なのは、ミスをすればすぐ政権交代につながるという緊張感である。民主党がバカをやれば、また選挙で引き摺り下ろされる。そうした状況を作ることによってこそ、改悪でない改革の第1歩が踏み出せるのである。

輸出やバクチ経済に頼っていては、生産現場は崩壊してしまう。労働者/生活者を安定させることによって内需の拡大と生産の安定を実現すれば、食の安全も含め、道は見えてくる。まずは、解散。今はそれが急務である。

|

« サプライズを擬した敵前逃亡 | トップページ | ビジョンのない政治家たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/24156697

この記事へのトラックバック一覧です: まずは解散:

» 【画像有】小泉元首相の次男小泉進次郎の知られざる黒い過去! [【画像有】小泉元首相の次男小泉進次郎の知られざる黒い過去!]
政治家とは思えないイケメンさで話題の小泉元首相の次男小泉進次郎の知られざる黒い過去が早くも明らかに…。甘いマスクとは別に真っ黒な部分を合わせ持つ小泉進次郎の素顔を暴く!! [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 12時13分

« サプライズを擬した敵前逃亡 | トップページ | ビジョンのない政治家たち »