« 学校…夜間中学の姿 | トップページ | まずは解散 »

2008年9月26日 (金)

サプライズを擬した敵前逃亡

茶番のデキレース自民総裁選が終わって麻生内閣が誕生したと思ったら、小泉元首相が衆議院議員を今季限りで引退するという。TVやマスコミはこぞって「サプライズ」扱いをしているが、冷静に見れば、「敵前逃亡」以外の何ものでもない。

夕方のニュースで、とある地方都市の医療崩壊の現場が報道されていたが、地方では非常に不便になった郵政民営化ばかりでなく、福祉の切捨て、年金崩壊、医療崩壊などの原因を辿っていくと、「小泉改革」時代の法改正(というよりも改悪)に行き着く。つまり、「小泉改革」によって、日本の社会は多くのものを失ってしまったのである。

となれば、小泉元首相に対する「責任問題」も、今後の制度の見直しの中では出てくることなろうことは想像に難くない。が、衆議院議員を引退してしまえば、衆議院議員でいるよりも追及の矛先は鈍る可能性は高い。特に、しっかりとした分析や追及をせぬまま、「サプライズ」扱いをしている日本のマスコミの力量不足を思えば、火を見るよりも明らかである。

つまり、小泉元首相の行動は、サプライズを擬した「敵前逃亡」なのである。その意味では、小泉元首相は、政権を途中で投げ出した安倍元首相や福田前首相と同じように無責任であるばかりでなく、姑息で卑怯であると言えよう。けれども、このような無責任で卑怯な行為が可能だったのは、小泉元首相がマスコミを利用する直感的判断に長けていることと、マスコミがそれを見極める判断力を持たずに踊らされてしまっていることによる。マスコミの罪は大きい。

それにしても、このような人物しかいないにも関わらず、民意を無視して政権に居座り続けた自民党の力量の低下は目を覆うばかりである。組閣して一週間もたたないのに国土交通相の失言が飛び出すような内閣しか作れない政府与党。国民のためには、総辞職して解党してもらった方が良さそうである。

|

« 学校…夜間中学の姿 | トップページ | まずは解散 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/24047794

この記事へのトラックバック一覧です: サプライズを擬した敵前逃亡:

» 消費者金融 [消費者金融]
生活などに関するRSS情報を定期的に収集し、サイトニュースの参考にしているため、トラックバックをさせていただきました。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 09時31分

« 学校…夜間中学の姿 | トップページ | まずは解散 »