« 呆れた年金得別便 | トップページ | 経済論争でごまかす無責任 »

2008年9月 2日 (火)

責任ある政党の非常識と無責任

今日のニュース報道は、福田首相の辞意表明がどの時間帯でも扱われていたが、なぜこのタイミングなのか? という点においては多少驚きであったが、行政のトップとしての責任感にも能力にも欠けていることをこの1年足らずの間に露呈させてしまった福田首相が辞めることに対する驚きはほとんどなかった。内外に問題が山積する中で、国民を害すること以外何もなし得ず、サミットに参加することのみを目的に政権に居座り続けた首相に対し、肯定的な評価は下し難い。

それにしても、安倍前首相といい、現福田首相といい2代連続で政権を途中で投げ出した形である。自公政権は「責任ある与党」という言い方をよくするが、2代続けて政権を途中で投げ出すような党首・首相を選出した責任はいったいどうなっているのか。「責任ある与党」の無能と無責任、ここに極まれり……と言えそうである。

民主主義の本来の原理・原則からすれば、参議院選挙の歴史的敗北によって国会の論議が膠着した時、与党は、衆議院を解散して民意を問うべきだったのである。その結果であれば、様々な「改革」も民意に支えられたものとして説得力を持ったであろう。ところが、解散から逃げて選挙の洗礼を受けていないニセ内閣が2代にわたって政権を握り、国民の福利を後退させる政策を推し進めた。けれども、世論に突き動かされた野党の厳しい追及に耐え切れず、2代とも総理が途中で政権を投げ出したのである。福田首相はサミット(先進国首脳会議)のホスト役を務めたが、とても民主主義の「先進国」とは言い難い惨状である。

先進国を名乗りたいならば、安倍前首相が衆議院を解散して民意を問うべきであった。それから逃げ、詭弁を弄して政権に居座り続けた自公政権は、非常識かつ無責任で、「責任政党」としての能力と資質に欠けている。日常的に発言している程度に「愛国心」を持つならば、一秒でも早く衆議院を解散するしかないだろう。

|

« 呆れた年金得別便 | トップページ | 経済論争でごまかす無責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/23444535

この記事へのトラックバック一覧です: 責任ある政党の非常識と無責任:

« 呆れた年金得別便 | トップページ | 経済論争でごまかす無責任 »