« シンポジウムを終えて | トップページ | 主人公…自分の人生の中では誰もが »

2008年10月31日 (金)

いなおりいすわり麻生政権

緊急経済対策をまとめて解散するということで首相となった麻生太郎が、見苦しくも解散を引き伸ばしている。衆議院の多数は、小泉元首相の「郵政民営化のみ」を問う解散によってもたらされたものだが、その後の自公政権によって行われた年金改革も医療制度改革も、後期高齢者医療制度も、すべて失敗であったのは自明の通りである。

まともな民主主義国家であれば、当然、国会解散によって新内閣を発足させなければならない筈なのだが、民主主義を党名にも掲げる反民主政党は、国民の意思を問わずに、政権に居座り続け、国民への害悪を拡大し続けている。

このブログでも何度も書いてきたが、小泉改革は失敗であり、それを行った自公政権は、総選挙で民意と今後の方向性を問うのがスジだし、「政治の空白」なども、今後の国会の空転を考えれば、そちらの方がより大きくなる可能性が高い。抜本的な改革をする腹をくくれば、総選挙こそが近道なのである。

ところで、先日のニュースで見た麻生太郎の「方針」はすべて対症療法に過ぎず、小泉「改革」以降、遅々として進まない行政改革の空手形を口にしたうえで増税を目論んでいる。国民の生活を徹底的に破壊するつもりなのだろう。

財政赤字の問題を口にし、増税を国民に求めるのなら、まず、その法案を提出する党が、議員報酬を半減もしくは返上して範を示すべきだろう。それに賛成票を投じる議員達もそうだし、財務官僚もそれに倣えばいい。それをしてからの「増税案」がスジというものである。

そうした「努力」をかけらも見せず、増税を口にするとは恐れ入る。民意の裏づけを持たない居直り居座り政権と首相は民主国家の害悪である。

|

« シンポジウムを終えて | トップページ | 主人公…自分の人生の中では誰もが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/24896661

この記事へのトラックバック一覧です: いなおりいすわり麻生政権:

« シンポジウムを終えて | トップページ | 主人公…自分の人生の中では誰もが »