« ビジョンのない政治家たち | トップページ | インプットとアウトプット »

2008年10月15日 (水)

ウィルスにつぶされた連休

連休前に、セキュリティーをかいくぐって侵入したウィルスにPCをやられてしまった。インターネットのスタート画面が勝手に変えられ、英語による「ウィルス感染/update」の警告が消えず、パソコンが重くなる症状。早速、パソコンの詳しい友人達に電話をかけまくり、連休を通して日替わりでチェックしてもらうこととなった。

セキュリティーをいくつか変えて試してみたが、なかなか上手くいかない。結局、5つ程の別々のものを試すこととなった。そして、再度データを戻して入れ替えた上で、昨日の夜まで毎日、コンピューターの全チェックをかけた。その結果、「トロイの木馬」系や「small」の類も何とか隔離/除去できた様子なのと、インターネットのスタート画面や「ウィルス感染」の警告、重さの改善などの状況が見られたので、何とか回復したと判断した。

お陰で、先週末から寝不足気味となり、体調はいま1つだが、それでも、快く付き合ってくれ、世話をしてくれた友人達の存在が頼もしく、また、ありがたかった。ただ、友人達を信じられたから、それ程悲観的にならずに済んだ部分もある。そして、その感覚通り、それなりに何とかなったという結果である。それに、数ヶ月ぶりに顔を見た友人もいて、ウィルス・チェックの間の時間にいろいろと話をしたりする時間も何となく楽しかった。

ウィルスのために時間を取られてしまったのは悔しかったが、それでも、友人達と久しぶりに顔を合わせて過ごした時間は、仕事に追われる時間の中では思いがけない安らぎの時間ともなった。このような友人達に囲まれていることの幸福を感じることの出来たトラブル……。トラブル自体はあまりありがたくないが、思いがけない三連休であった。

|

« ビジョンのない政治家たち | トップページ | インプットとアウトプット »

コメント

「TAC」様
  御無沙汰を致しました。

 ウイルスの侵入は私も1度ありますが、ひどいことをする人がいるものです。その対策のビジネスが存在するのですから、対処しにくい世の中です。

 友人達と語らいを楽しまれて、思わぬ益にあずかれたようで、その点は何よりでした。

 ウイルスも困りますが、ブログには、ここで言葉で紹介出来ない、卑猥で、卑劣な攻撃を書き込んでくる、ウイルスのような人が存在します。何を考えているのかと、理解に苦しむ、人々が、姿が見えないことを良い事に、悪い企てをしています。

 Tac様もくれぐれもご注意されますように。他事ながら、願っています。

 拝読できて嬉しく思いました。有難う御座いました。

投稿: 宮崎 寛 | 2008年10月18日 (土) 23時35分

このブログにも、一時期ありました。しばらく、徹底してチェックをかけましたので、最近はあまり見かけなくなりましたが。

匿名性は、弱者を守ることができるところもありますが、一方で、それを悪用する連中もいる。ただ、そうしたマイナス面も含めて、付き合っていく必要があるのでしょうね。物事には、両面があるものですからね。

投稿: TAC | 2008年10月19日 (日) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/24526811

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルスにつぶされた連休:

« ビジョンのない政治家たち | トップページ | インプットとアウトプット »