« 不眠の力…世界を滅ぼす想い | トップページ | 現実理解の難しさ »

2009年1月13日 (火)

誰のための「定額給付金」?

世論調査において内閣の支持率が20%を切り、不支持率が70%を超えた、というニュースを見たのが数日前だった。その中で「定額給付金」に対する評価も70%が「評価しない」という選択をしていたようなのだが、政府与党は民意のない衆議院の多数によって、国民が望んでいない政策をゴリ押ししようとしている。

別に民主党の支持者ではないが、後の増税のためにアリバイ的に給付するようなバラマキを欲しいとは思わないし、総額2兆円という金額の中に、地方の事務の経費などが入っているとも思われない。それならば、そのお金を全額就労支援などに割り当てた方がいくらかマシだろうと思うのだが、無責任な政権与党は、国民の7割が支持しない政策をどうしても進めたいようである。

誰のため? 一般の国民は、国民のためとは感じていないし、1人に12,000円程度のお金をもらっても生活の苦しい人々には焼け石に水である。それよりも安定した就職先を斡旋してもらった方が安心してお金を使えるだろうし、景気の浮揚につながるかもしれない。結局、1度口にしたから、という首相の面子のためなのではないだろうか。

そうした行為に、首相としての重責を担っているという責任感は感じられない。そして、そのような無能な首相を制御できない与党は、政権与党としてあまりにも無責任である。こんな政策をゴリ押しして何の得があるのだろうか。少なくとも、「特別給付金」を切り離しての補正予算の議論・採決には応じるという野党の姿勢の方がまだマシである。そのような判断を国民にされて、自らの無能をさらけ出し、政権担当能力の無さを暴露してしまうのは、党利党略から見ても明らかにマイナスだと思うのだが、その判断すらできないのだろうか。

現在の自公政権は戦争の終結交渉に失敗してズルズルと戦争を長引かせてしまった太平洋戦争末期の軍部の姿・政権の姿と重なってくる。日本は、再び焦土と化すのではないか。精神の荒廃という焦土が人々を待ち受けているのでなければ良いのだか……。

|

« 不眠の力…世界を滅ぼす想い | トップページ | 現実理解の難しさ »

コメント

税金のマネーロンダリングですね
カルト宗教公明党が年寄り教祖?の代替わりが近いので巨額の金が必要、学会員がもらったら寄付するために強行採決まで行われました

山拓が地元の公演で自民党情けなしと上記の話をしていましたよ

投稿: ヒロ | 2009年1月18日 (日) 00時57分

いらっしゃいませ。

識者の苦言にもどこ吹く風、世論調査の「効果なし」の声も無視、これって、党利党略から考えてもかなりマズイと思うのですが、そういう判断すらも出来ないのだとしたら、党首としても失格ですね。それを「支える」連立与党って、政党としての体をなしていない。それに国民が絶望したら……テロを歓迎して戦争への道を突っ走った昭和初期の歴史を思い出します。

投稿: TAC | 2009年1月18日 (日) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/27106177

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のための「定額給付金」?:

« 不眠の力…世界を滅ぼす想い | トップページ | 現実理解の難しさ »