« 「負けてもいいよ」…高橋由美子《万事快調》より | トップページ | 雑誌の送付 »

2009年1月29日 (木)

アンフェアな競争

このところ、大企業の大型合併のニュースを時々聞くようになった。とにかく、大きくなることによって資本を増強し、経営の安定化をはかる……という説明をよく聞かされるわけだが、今ひとつ首を傾げてしまうところがある。確かに「国際競争」という文脈からすれば分からないでもないが、日常感覚からすれば、「それっておかしくない?」という感じがするのである。

例えば、不況など様々な理由で大企業が経営危機に陥った時、「潰れると社会的影響が大きい」ということで、税金(日本では「公的資金」などという言い替えでごまかしているが、正確に言えば国民の納めた税金である)を投入して支援が行われることがけっこう見られる。特に、日本の場合は経営責任をうやむやにして税金投入が行われる形がほとんどであったと記憶している。とすれば、可能な限り大企業化することで倒産のリスクはより小さくなり、経営危機に陥っても税金で救済される可能性が高いということになる。このような状況は、本当に【フェアな経済競争】と言えるだろうか?

格闘系のスポーツの場合、柔道でもボクシングでもレスリングでも、国際的に広く盛んになっているものはほとんど、体重によって階級を分け、それぞれの階級で世界の王者【チャンピオン】が決定する。日本の相撲は体重が大きく異なっていても同じ土俵で戦うが、相撲が行われているのは日本のみであって、柔道のように世界各地で盛んに行われているわけではない。それは、体重別に分ける方がフェアであるという認識があるからだろう。

経済学においても、一時期は「独占」や「寡占」がアンフェアな競争を生み出すという理解があり、日本の「独占禁止法」も、フェアな経済競争の実現のために制定されたといういきさつがある。そして、独占や寡占を防ぐために公正取引委員会という組織も作られ、アンフェアな競争に対する監視を行っている。小泉改革以前は、地方には小さな店もけっこう多く、電化製品などもほとんど地域の店で購入していたし、小さな店が複数、地域で共存できていたのである。

ところが「国際競争」を理由に、安易に大企業化を推し進めることによって、地域から小さな店がどんどん消え、電化製品の購入はほとんど車で移動しなければならない距離にある量販店へ行くようになった。これは、国内的にはアンフェアな経済競争の条件を作っている事にはならないだろうか? だからこそ、大企業のみが好況となり、一般の人々がカヤの外に置かれて、輸出に打撃を受けた途端に内需の弱い経済構造が不況を深刻にしてしまう事態を生んだのであろう。

そうした点を考えた時に「国際競争」を野放しにすることがフェアな経済競争につながるのかと言う疑問が生じてくる。逆に、国際競争の暴走を抑える事こそ事態の収拾につながるのではないだろうか。

確かに、世界恐慌の後の保護主義が第二次世界大戦につながったという分析は間違いではないだろう。そして、地球規模の結び付きがさかんになるのも良い事である。けれども、大企業の利益拡大のみに寄与するような「国際競争」は、見直す必要があるのではないだろうか。

|

« 「負けてもいいよ」…高橋由美子《万事快調》より | トップページ | 雑誌の送付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/27587113

この記事へのトラックバック一覧です: アンフェアな競争:

» コンタクトレンズの度数を1段弱くしました [視力回復手術をしない視力回復トレーニング方法【川村明宏の視力回復訓練法】]
福井 雄一郎 様 年齢 43歳 ご住所 神奈川県 視力アップ数値 1.0 ⇒ 1.2 14日終了後に、ちょうどコンタクトレンズ購入する時期だったので、眼科で視力測定をしてもらいました。 裸眼ではなく、矯正視力での結果が、今までのレンズで左右1.0の矯正視力が左右も1.2になっていました。 レンズをもう1段弱くすることも可能という... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 02時12分

» 家で簡単ボクササイズ [家で簡単ボクササイズ]
ボクササイズって知っていますか?ボクシングとエクササイズを足した物なのですが、ボクシングなので3分間やって1分間休んでまた3分間やっての繰り返しを行う物です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 19時33分

« 「負けてもいいよ」…高橋由美子《万事快調》より | トップページ | 雑誌の送付 »