« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月23日 (月)

政府への信頼と納税

ようやく、昨年度分の確定申告を終えた。帳簿類の整理といったような事務仕事はあまり好きではなく、毎年、ついつい後回しにしてしまいがちになるのだが、今回は多少なりとも早くできたので、けっこうほっとしている。

国民には納税の義務がある……という点に異存はない。国という組織がなかったら、日常生活において苦労することは少なくない。そして、国家の運営には元手となるものが必要である。それを税という形で国民から集めるわけだが、民主国家においては、それが1人1人の国民の安全と幸福のために使われなければならない。それが大前提である。

実際、とある北欧の国において、税金を下げようとしたら国民が反対したという話を聞いた事がある。税金を下げる事が、国民に対する福祉の低下につながることを国民が懸念した結果である。が、我が国においてはどうか。多くの国民が税金を下げる事には賛成しても、税金を上げようとする動きには反対するだろう。

その反応の違いの理由はどこにあるのか。それは、政府・行政への信頼感の問題ではないかと考えられる。税金が高くても、まじめに働けば普通に生活できるし、いざという時には行政からのサポートがあり、個人として不安を感じない生活状況であれば、高い税金自体は問題ではない。税金が、確かに国民の安全や幸福のために使われているという実感があり、政府がそのように公平な所得配分にまじめに取り組まんでいると信頼できるのであれば、まじめに働いて生活できる限り税金の高さは気にならない人は少なくないだろう。

けれども、政府・行政への信頼感が乏しく、自分たちの税金が必ずしも自分たちのために使われていないという思いがあれば、税金は安ければ安い方が良いし、信頼できない政府に税金は払いたくない……と思う人がほとんどではないだろうか。そうした視点から考えたとき、増税に対する抵抗が強い……という現実は、国民の側から見れば政府・行政への信頼感が乏しいという事を示しているのである。

麻生総理は景気回復の後の増税を口にした。けれども、国民がまじめに納めた年金や社会保険料はどうなっただろうか。社会保険庁の醜態と、それに対する責任追及に及び腰で、その処理のために大本の原因となった社会保険庁職員の処罰や損害請求はせぬまま、こっそりと国民の税金を使って処理している現実を見るだけでも、政府を信頼しようとする気持ちは失せるだろう。総理と政府・与党は、増税を口にする前に、国民の信頼を得るための努力をすることが先決であろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

久しぶりの友とスプリングバンク

中学時代の友人から、休みで帰ってきたとの連絡があった。日中は所用があったので、夜いきつけのスナックへ2人で出かけた。今日のウィスキーはスプリングバンク。スコッチのシングルモルトで、英国王室御用達のキャンベルタウンの名酒である。

スプリングバンクは大好きなシングルモルトの1つだが、日本に入ってくる量はそれ程多くはなく、特に地方の小さな街ではそう簡単には手に入れられるウィスキーではない。値段も日常飲んでいるグレンフィディックの数倍はする。それでも、その値段が決して高いとは感じない美味しいスコッチである。

今日は、久しぶりに会ったこともあり、カラオケの選曲は「学生街の喫茶店」「コーヒーショップで」「まぼろしの翼とともに」「積木の部屋」「喝采」「北の宿から」「街の灯」「襟裳岬」など60年代から70年代の歌ばかりだった。懐かしい歌を歌いながらグラスを重ねる。友と過ごす時間をスプリングバンクの芳香が包む。至福のひと時である。

けれども、スプリングバンクは通常のウィスキーよりも少しアルコール度数が高い。その意味では、飲みすぎると翌朝まで残らないか、少し心配にならないでもないが、それでも、このひとときが嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月14日 (土)

バレンタインにバランタイン

バレンタインと言えば、日本ではチョコレートの贈り物が定番だが、スコッチ・ウイスキー党として心密かに夢見ていたのが、バレンタインの贈り物にバランタインを贈ってもらう…というシュチュエーションだった。他の人のブログのコメントにそのアイディアを書いたら、パートナーがウイスキーを飲むということもあり、「そのアイディア、いただき!! 実行します」という反応が返ってきたこともあったが、自分自身に関しては、まあしょせんは夢かな…と思っていた。

ところが、今年は、思いがけずバランタインをいただいた。2日前の誕生日のプレゼントと併せての贈り物…ということで頂いたのだが、例年はだいたいワインを頂いていた。けれども、私がスコッチをこよなく愛していることを知っていたので、今年はウイスキーということになったと言う。日本酒や焼酎、ビールはあまり好きではないが、ワインはけっこう好きなのだが、スコッチ・ウイスキーとなると別格である。しかも、ブレンデッドの名酒バランタイン…ということで、思いがけず夢が叶って、とても嬉しい1日となった。

バランタインを初めて飲んだのは大学時代である。ウイスキーは昔から好きだったが、大学時代の懐はそれ程豊かではなかったので、定番はキリンシーグラムのロバートブラウン、もしくはサントリー・オールド。ごくたまに、少し上のランクのエンブレムかリザーブ…といずれも日本のウイスキーで、スコッチはめったに買えなかった。それでも、ごくごく珍しいタイミングで、カティーサークやブラック&ホワイトやホワイトホース、そしてバランタインにありつくことができた。もちろん、12年物などは絶対無理だったが、それでの甘くて優しい香りのバランタインは、ジョニーウォーカー以上に憧れのスコッチだった。

働くようになってから、税率の変更などによりスコッチの値段もずっと安くなりスコッチ・ウイスキーを飲めるようになった。若い頃はまだシングル・モルトに目覚めていなかった事もあり、ベルやデュワーズ、フェイマス・グラウス、パスポート、ジョニーウォーカー(赤&黒)、ホワイトホース、カティーサークなどを楽しんでいたが、バランタインを買う回数は他のウイスキーよりも少し多かったと記憶している。最近はハイランド・モルトをブレンドしているティーチャーズを買う事が多いが、その次に買うスコッチのブレンデットとなると、やはりバランタインになる。スコッチのブレンデッド・ウイスキーの中では、大好きなものの1つである。

部屋には、封が切ってある竹鶴やティーチャーズが残っているが、それが空けば、多分バランタインの出番となるだろう。名酒バランタインに乾杯 !!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

君の誕生日…ガロの歌

3人組のフォーク・グループ、ガロと言えば、「学生街の喫茶店」の大ヒットで知られているが、個人的にはその次のシングル「君の誕生日」も好きである。飲みに行って、たまたま誰かの誕生日に重なったりした時は、この歌を歌う事がある。同年輩には、けっこう懐かしがってもらえる歌である。

 

君の誕生日 2人祝ったよ あれは過ぎた日の 想い出のひとこま 街の角にある ほんのささやかな 店でお祝いの グラスをあげたよ 今年もまたその日 もうじき来るけれど 君はいない 2人あの日別れたよ

君は誕生日 誰と祝うのか きっと幸せで ローソク消すだろ 僕は忘れない 君の生まれた日 いつも近づけば この胸が痛むよ 今年もまた街は 花やぐ時だけど 君はいない 2人あの日別れたよ

 

「学生街の喫茶店」とは異なり、マークがメイン・ボーカルをつとめた歌だが、1番と2番の間の間奏に「学生街の喫茶店」のメロディーが織り込まれている。当時は多少あざとさを感じたものだが、今聞いていると、それも含めて懐かしい。

いくつかの恋もしたし、結婚もした。何人かは、その誕生日も覚えている。切なくも懐かしいあの頃を思い出せる歌である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

風邪? それとも……

7,8と、研究会で京都まで行っていたためか、2,3日、体調が今1つの状態が続いている。明日で1つ歳を重ねることになるのだが、今年は飲みに出かける元気もない。30代の前半くらいまでは、土日が休めなくても割りと早く回復していたように思うが、近頃は寝不足や遠出による疲れの悪影響が回復しにくくなった。50に手が届こうという年齢からすれば、当然の事かもしれないが……。

昨夜は9時半頃から布団に入ったが、今朝は10時半頃まで布団から出なかった。半日以上も布団の中だったのも最近では珍しい。若い頃は平気で2度、3度と寝られたものが最近は無理して2度寝がせいぜいで、とても半日は持たない。寝るにも体力がいるのだ、と実感している。にも関わらず、今回はほぼ寝ていた…ということで、疲労が極限まできていたのかも知れない。

体調としては、喉はすっきりとしないが、咳が出るわけではないし、鼻もつまっていない。当然、特にくしゃみが続くわけでもない。熱もほぼ平熱である。ただ、少し背中の辺りと奥歯に痛みを感じる。熱も咳やくしゃみもないので、インフルエンザではないと思うのだが、喉に少しひっかかりがあり、身体のだるさも抜けないので、風邪なのかなぁ……という感じである。幸い、日中の仕事はなかったので、今日は安心してゆっくり寝ていた。

風邪は、身体からの声だと考えている。毎日が忙し過ぎると、なかなか身体の声に耳を傾けられないのだが、それが体調をさらに悪化させる原因にもなる。そして、忙しさは身体だけでなく心にも余裕を失わせ、徐々に精神の健康をも蝕み始める。その意味では、風邪を軽視せずに、じっくりと身体の声に耳を傾けるべきなのだ。

さすがに半日以上も寝たので、身体は少し楽になったようだ。といっても、まだまだ無理はしないほうが良さそうだ。今日も、日付けが変わらないうちに、早めに布団に入ろうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

初冬夜…アルバム【美しい日々】より

カナダ留学から帰ってきた後のアグネス・チャンのアルバムに【美しい日々】というのがある。この頃のアグネス・チャンはアイドル時代のような爆発的な人気はなく、いろいろと迷いの多かった時期だと思うのだが、この【美しい日々】というアルバムは、しっとりとした日本情緒を感じさせる歌で構成されていて、個人的にはこの時期のアグネス・チャンのアルバムの中でも【メッセージ】とともに大好きな作品の1つである。その中でも「初冬夜」は「抱きしめて夕暮れ」と共に着物の似合うイメージがあり、70年代頃までの日本的なイメージが強い。

とぎれる言葉を集め一文字 あなたを愛して 暦めくれば 涙を落として 装い濡らし 雪の夜 思いは北の風に乗り 荒野を越えて あなたのもとへ いつの日訪れる 喜びだけの日々 しんしん降ります 心に雪

ヒューヒュー木枯らし 凍てついた夜も 心は紅々(あかあか) 燃えて焦(こが)れて あなたの優しさ 1つ欲しくて 紅(べに)さし 鏡に 写せばゆれます あなたの 文(ふみ)読む 指先ふるえ いつの日訪れる 思いをとげる夜 今宵は 夢さえ 凍えそうに

あなたの幻(まぼろし) 瞳に閉じて いつの日訪れる あなたとの初冬夜(しょとうや) 思いは冷えない 初(はつ)冬(ふゆ)夜(よる)…

今の日本にこうした情景はないし、もしこの歌を若い歌手が歌おうとしても文化的な背景が違い過ぎて、情感タップリに歌いこなせる若い歌手はまずいないだろう。「ルージュをひく」ことは出来ても「紅をさす」ことは難しいだろうし、「メールを見る」ことは出来ても「文を読む」感覚は理解しがたいであろうから……。その意味においては、日本人ではないアグネス・チャンが、この歌をしっとりと歌い上げていることは、ある意味では驚きであった。けれども、敢えてこの歌に挑戦したアグネス・チャンの努力は素晴らしかったと思うし、結果として一層「日本」を感じさせるアルバムになったように思う。

立春は過ぎたが、まだまだ寒さは完全には抜けない様子である。こんな夜は、久しぶりにLPを取り出して【美しい日々】を聴くのも良いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

コスモタイガーⅡ…ヤマトの艦載機

宇宙戦艦ヤマトの艦載機と言えば、すぐ、コスモタイガーⅡが頭に浮かぶ。実は、コスモゼロ、ブラックタイガー、新コスモゼロなど、ヤマトにもいくつかの艦載機が登場するのだが、もっとも好きなのが、コスモタイガーⅡである。コスモタイガーⅡは、映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」から登場し、その後のTVシリーズのすべてと映画の「完結編」までヤマトの主力艦載機となるが、実は、単座タイプ(1人乗り)と3座タイプ(3人乗り)があり、登場回数は圧倒的に単座タイプが多いが、3座タイプは白色彗星帝国との戦いの際、空間騎兵隊を乗せてその内部に突入する際に使われている。

艦載機としては、銀河英雄伝説に登場するワルキューレやスパルタニアン、キャプテンハーロックのアルカディア号のスペースウルフ、マクロスのバトロイド・バリキリー、宇宙空母ジャスダムの巨大艦載機でダンガードAに変形するサテライザーなども思い浮かぶが、そのシャープなイメージの割には曲線も多い洗練されたフォルムと、大気圏/宇宙空間と場所を選ばず使用可能な汎用性、機銃で敵艦を破壊する攻撃力(?)、なかなか撃墜されない強さ(?)など、突っ込みどころも多いトップクラスの高性能は相当魅力的だと言えよう。

同じヤマトの艦載機でも、最初のブラックタイガーはどこかしらやぼったいデザインであったし、初代コスモゼロは、松本メカとしては納得できる仕上がりだったが、それゆえにごつごつした感じもあってシャープさという点では今ひとつという印象だった。が、コスモタイガーⅡは、松本メカのエッセンスを持ちながらシャープで洗練されたデザインであり、それを見た瞬間、プラモデルを作りたくなった。当時はいくつかの事情があってその夢は適わなかったが、現在my roomには4機のコスモタイガーⅡがブラックタイガーや宇宙戦艦アンドロメダなどとともに並んでいる。うち2機は、アフターバーナーのカラーリングが異なる山本機(単座タイプと3座タイプ)である。

このコスモタイガーⅡに乗って宇宙を飛行することは絶対に叶わないが、それでも、コスモタイガーⅡに乗って宇宙や大気圏を飛行する事を想像すると心が躍る。多分、その速度に耐えられるほどの力はこの肉体にはないだろうが、そのスピード感は、そのデザインを見ているだけで味わう事ができる。メカとして、ヤマトに次ぐ登場回数を誇るのもうなずける戦闘機である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

雑誌の送付

昨日は、月に一度の研究会だったので出かけていたが、先週、編集をしている同人誌が出来上がってきたので県立図書館をはじめとする寄贈している幾つかの図書館や、執筆した同人の仲間の家に寄って雑誌を手渡し、郵送料を浮かせた。

今日は、珍しく出かける予定のない日曜だったので、ゆっくり寝た後、DVDを流しながら雑誌の宛名のチェックなどを行った。明日には何とか送付できそうである。以前は、もう少し早く作業も進んだのだが、このところ12月前に発送出来なくなっている。仕事が変わって時給が半分以下になったために、拘束されない時間が減少していることが大きいのかもしれない。

雑誌の送付については、ずっと郵便局を使っている。民間業者のメール便を使えば少しは安くなるのだが地方に住む者としては、安さだけで選んではいけないと考えているからである。問題は、郵政民営化なのだ。

都市部ではともかく、田舎では郵政民営化によって明らかに使い勝手は悪くなった。現に我が市でも、集配は隣の市の郵便局が行うようになっている。そのため、貯金や保険のちょっとしたことを以前のように郵便集配人に頼めなくなったのである。

加えて、利用が少ない郵便局の統廃合の話も聞こえてきている。幸い、今のところ地元の郵便局はまだ残っているが、利用減は統廃合の対象になる。都会ではそうでなくても、田舎では、郵便局は陰のセーフティーネットの一翼を担っていた。その意味では、地方では先の郵政選挙でも民営化反対の票が実は多かった……という話も聞いている。郵政民営化も、地方切捨て政策の1つだったのである。

だが、決まってしまった以上、可能な努力を重ねて郵便局の統廃合という事態を回避する必要がある。郵便局の「地産地消」ということになるだろうか。もちろん、多少は割高になるのは覚悟の上である。そのために、直接寄ることが出来るところは寄ってその分の郵送料は減らしている。政府の失政の悪影響を、こんなところで尻拭いしなければいけないのか……と思いつつも、やれることはやっていく。これから、宛名ラベルを貼らなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »