« 市岐商問題の底にある教育行政の貧困 | トップページ | ようやく直ったPC »

2009年3月 4日 (水)

西松建設献金疑惑への疑問

西松建設の裏金問題との絡みで、政治献金疑惑から、民主党小沢党首の第一秘書が逮捕された。政治資金規正法違反の疑いである。ところが、額は違っていても森元首相をはじめとする自民党議員に、同じ団体から献金が行われている様子である。となると、なぜこの時期に、小沢党首の第一秘書だけが? という疑念が生じる。

私は、民主党支持者ではないし、小沢党首の潔白を心から信じている訳でもない。けれども、なぜこの時期に、しかも小沢党首の第一秘書だけが? という点には疑問がある。そのニュースによって、マスコミの話題を分散させ、国民や専門家からも批判の強い定額給付金の交付の元となる法案を再可決によって通すという暴挙から目を逸らさせようとすると同時に、この時期にあえて小沢氏だけを狙い撃ちする事で民主党のイメージにダメージを与えようとしているように見えるからである。

ニュース報道によれば、検察は金額の過多を問題視しているようだが、国民の側からすればそれはおかしい。数千万円だろうと1000円だろうと、違反は違反であり、当然、森元首相も含めた自民党議員の方にも検察による逮捕という事態が生じていなければ、とても【公正】だとは感じられない。小沢氏の方も「灰色」だろうが、同様に自民党議員も「灰色」に思われるからである。だが、この時期に一方だけ逮捕……ということだから、政府与党によるなりふり構わぬ「国策」逮捕の可能性が高いように思われる。そして、近視眼的には、これによって麻生政権は、とりあえず一息つくことができる。

けれども、「国策」逮捕だということであれば、長期的には自民党の傷はより深くなる可能性は小さくないし、内外へ政治の混乱のイメージを広めてしまい、それが日本経済に悪影響を与えるのみならず、国家や国民の利益にとってもマイナスとなりかねない危険をはらんでいる。

その意味において、私が指導者の立場にいるとすれば、この時期の逮捕は避ける。「国策」逮捕の疑惑を招くし、政治の混乱というイメージを諸外国に与えるのは、長期点に見て国益に与えるダメージは大きいからである。

その点からすれば、「国策」としてならとりあえず逮捕は先延ばしをすべきだと思うし、もし「国策」逮捕であれば、麻生政権には政権担当能力がまったくないということになる。自身の延命のみのために権力を乱用し、国民の目を逸らしつつ、日本の政治に対する信頼感を著しく損ねるような、長期的には自らの足も引っ張りかねない手を使ったからである。

現に、小泉元首相の造反も、TVニュースでの扱いは小さく、定額給付金がわざわざ再可決までして緊急に行わなければならない政策か? という検証はまともに行われていなかった。それに、小泉元首相の造反に対して何の処分も行えない与党のだらしなさ、一貫性のなさについては、ほとんど聞こえてこない。マスコミは、政府与党の応援メディアに成り下がったのか……という印象である。

ある意味では、今日までのこの数日間の時点では麻生政権にとってはマスコミからの逆風は弱まった。しかし、マスコミの力量にも大いに疑問の残る報道振りであり、下手をすれば党や政権への逆風は、長期的にはさらに強まる可能性もある。与党の将来を考えるとすれば、何とも危なっかしい決断をしたということになるがそれが現在の与党の「実力」だとすれば、国民としては絶望的になってしまう。

なぜなら、一時の政権への逆風の弱まりと引き換えに、より深刻なダメージが日本を襲う危惧が生じているからである。この一連の動きの中で、政治の混乱と流動化はさらに激しさを増し、それが衰弱している日本経済の足をさらに引っ張る印象を内外に与えてしまったことに対する危惧も強まった。私が投資家なら、冷静に判断すれば「日本株」は売り……ということになるだろうし、政府や政治への信頼感は地に落ちているので、それを利用して自分の国や企業の利益を上げようと考えるだろう。これは、明らかに日本の国益に反する。もはや、政権担当能力以前の問題である。

|

« 市岐商問題の底にある教育行政の貧困 | トップページ | ようやく直ったPC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/28470638

この記事へのトラックバック一覧です: 西松建設献金疑惑への疑問:

» 今週のレースで100万円を稼ぐ−確定馬情報 [確定馬―GOLD 【今週の注目レース】]
という伝わらない陣営の本音・狙いのせいなのです。当社では陣営の狙いや勝負気配を完全掌握する【陣営情報】を専属プロから随時情報を入手。陣営の調整・ヤリは決して見逃しません。 馬券を的中させるべく、あらゆる情報ルートから得られる精度の高い情報が当社にはございます。 的中を義務づけられたプロだからこそ情報の全てを吟味しつくした上で、不安が残るレース情報は切り捨てられるのです。 上のボタンをクリックすると、今週... [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 07時22分

« 市岐商問題の底にある教育行政の貧困 | トップページ | ようやく直ったPC »