« 恐怖を煽る政治家/ミサイル騒ぎの裏に…… | トップページ | 花の街…鮫島有美子/日本の歌 より »

2009年4月 8日 (水)

また確認 ! 税金泥棒の社会保険庁

社会保険庁から茶色の封筒が届いた。過去の共済組合加入記録の確認、ということだが、昨年すでに確認の封書を出した記録である。それをまた改めて確認する封書が届いたのだ。記録が消滅していたわけではないという点では悪い知らせではないのだが、同じ記録を何度も確認させられるとは思わなかった。まったく呆れた話である。

何度も書いたことだが、そもそも、1年以上もかけても本来の業務のミスに対する確認作業が終わらないのは異常である。そのような杜撰な年金記録の管理をしていて給与をもらえるなどということがおかしい。この結果を見れば、それまでの間の仕事が出来なかったのだから、民間企業なら懲戒免職だろう。やるべき仕事がきちんとできない以上、給与を払う必要はない。なぜなら、給与や退職金はもともと労働に対する対価なのであって、きちんと仕事が出来なかったことが発覚した以上、給与や退職金は返上させるべきだろう。

しかも、年金確認のためにアルバイトや臨時職員を雇っているようだし、確認の封書にかかる送料もタダではない。その経費は、誰が出しているのだろうか。少なくとも、社会保険庁が身銭を削って出しているという情報は得ていないので、これも税金ということになる。しかも、その確認の仕事に対しての給与もカットをされている話は聞かないので、仕事をきちんとしなかった後始末に対しても平気で給与を貰っているということなのだろう。

コンビニのアルバイトなどでも、ミスで損失を出したときには損害賠償を請求される場合がある。民間企業であれば、アルバイトでもそうなのだ。それよりも手厚い保護を受け、よりたくさんの収入を国民の税金から得ている社会保険庁の正規の職員は、コンビニのアルバイトよりも責任がないのだろうか。そんなことはない筈である。

とすれば、社会保険庁は、きちんと仕事をせずに給与を貰った点のみならず、そのミスによる損失をきちんと補填せずに、その処理費用にも税金を使っている。「やらず、ぼったくり」の典型ではないか。その事実をごまかしている政府・与党、そして何故かそれを追及・報道しないマスコミ……。我々は確認の知らせがくる度に、その事実をつきつけられている。

|

« 恐怖を煽る政治家/ミサイル騒ぎの裏に…… | トップページ | 花の街…鮫島有美子/日本の歌 より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/29031198

この記事へのトラックバック一覧です: また確認 ! 税金泥棒の社会保険庁:

» 自動車保険 [自動車保険]
自動車保険の紹介をしています。 自動車保険の情報が満載です。 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 17時42分

« 恐怖を煽る政治家/ミサイル騒ぎの裏に…… | トップページ | 花の街…鮫島有美子/日本の歌 より »