« めーてるの気持ち…背景にあるしんどさ | トップページ | 勤労の権利、そして生存権 »

2009年5月 2日 (土)

モローの一角獣

「一角獣」The Unicornsはモローの1885年の作品でモロー美術館にある。3頭のユニコーンが4人の娘たちとともにくつろぐ。右手に横たわる娘は服を身に着けておらず、右手でユニコーンの首に手をかけ、ユニコーンの方も娘の顔を見つめている。左手に立つ娘は細密な刺繍の着いたドレスを身に着けて両脇にユニコーンを寄り添わせている。その少し後方に2人の娘。1人は立ち、1人は座っている。背後にある大木と湖が静けさを漂わせている。娘たちのドレスやアクセサリー、帽子の模様は細密で、さすがはモロー……とうならせる手の込みようである。

伝説と文学的感性を刺激するこの絵は、他のモローの絵画と同じように心を惹きつける。誰もが大人への時間を進んでいく。そしてそれはやがて死へと至る。その意味では、娘たちの静かな時間は幻に過ぎない。けれども、その一瞬が永遠とも感じられる濃密なものであれば、それを体験してみたいとも思う。萩尾望都が「ポーの一族」で少年エドガーの時間を止めてしまったように、モローは一瞬を少女たちとユニコーンに託して絵の中に封じ込めようとしたのだろうか。

考えてみれば、女として花開く前の少女たちの時間は、危うく儚い。リストカットや摂食障害などは深層心理的には、女として成熟することへの抵抗という形で見ることができなくもない。だが、過酷な現実の時間は、少女たちを女へと変化させていく。たとえ本人がそれを望まなくても……。そうした思いを受け止め、支えてくれる存在が周りにあれば、あるいは受け入れられる強さを持つことが出来るような成長がなされれば進み行く時間を受け入れられるのだろう。

たった1枚の絵を見ているだけで、さまざまな思いが心に浮かび、豊かに広がっていく。それが、モローの絵の持つ魅力であり、魔力なのかもしれない。

|

« めーてるの気持ち…背景にあるしんどさ | トップページ | 勤労の権利、そして生存権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/29404210

この記事へのトラックバック一覧です: モローの一角獣:

« めーてるの気持ち…背景にあるしんどさ | トップページ | 勤労の権利、そして生存権 »