« 零戦の欠点と技術者の苦悩 | トップページ | 私はここにいる…岡村孝子 3rd / リベルテ より »

2009年5月11日 (月)

小沢氏は辞めた、では二階氏や他の自民議員は?

小沢氏が民主党代表を辞任した。西松建設の「違法献金」問題……という報道が毎日のように流されたが、西松建設の「違法献金」は二階氏や森元総理などにも流れていた。逮捕された秘書の弁護士によれば、検察からの偽情報がマスコミに流れた疑いも残るが、二階氏や森氏などの言い訳と小沢氏の主張は同じである。だが、マスコミは何故かその点への追求はほとんど行われていない。また、小沢氏の秘書に対する「違法献金」に対する情報も、その後ほとんど聞こえてこない。

このような流れから見ると、本当に「違法」献金だったのだろうか、という疑いも生じてくる。なぜなら、現行の政治資金規正法はある意味ではザル法であり、法律の条文からすれば、誰が寄付したかは問題であっても、その資金がどのような流れで来ているのかまでは規制する根拠とはなりえないからである。その意味では、法律上は小沢氏は十分に説明責任を果たしていたし、小沢氏が説明責任を果たしていないとするのであれば、西松建設ルートの政治資金を受け取ったすべての自民党議員にも同様に説明責任を果たす義務がある筈である。

当然、マスコミはこの点についてしっかり取材をし、追求するのが公正な態度であるし、検察も二階氏や森元総理のルートも徹底的に追及し、マスコミにリークするのが不偏不党の公正な立場であると言えるだろう。その意味で、ここまでやった以上、検察もマスコミも西松建設の献金の流れを徹底的に追及し、小沢氏と共に自民党各議員への追求と説明の要求をより声高に叫ぶべきであろう。それが出来てこそ、金権政治への歯止めがかかるし、検察もマスコミもその公平性を国民と世界の国々にアピールすることができるだろうし、信頼回復にもつながっていくだろう。

けれども、小沢氏の民主党党首辞任によって、この西松建設の献金問題への追求が尻すぼみに終わるのであれば、検察がやったのは国策捜査である……という小沢氏の主張の正しさを証明することになるだろうし、NHKをはじめとするマスコミの報道が、実は偏向していて、自公連立政権の「大本営発表」垂れ流しであることを自らの行動によって示してしまうことになる。小沢氏の辞任は、検察とマスコミにその公平性の問題をつきつけている。私たちは、検察とマスコミのこれからの動きを注視していかなければならない。

|

« 零戦の欠点と技術者の苦悩 | トップページ | 私はここにいる…岡村孝子 3rd / リベルテ より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/29566875

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏は辞めた、では二階氏や他の自民議員は?:

» ヒップアップ ヒップアップエクササイズ [ヒップアップ ヒップアップエクササイズ]
ヒップアップはキレイな下半身には欠かせないモノです。ヒップアップエクササイズで、足痩せ、美脚、美尻など、理想的な下半身を目指しましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 16時48分

« 零戦の欠点と技術者の苦悩 | トップページ | 私はここにいる…岡村孝子 3rd / リベルテ より »