« 政権評価とマニフェスト | トップページ | 鳩山論文とアメリカの反応 »

2009年9月 1日 (火)

君子豹変す…変われなければ君子とは言えない

「君子豹変す」という諺がある。誤用を見かけることが時々あるが、本来は「間違いを改めるに憚ることなかれ」というものと同じような意味であり、自分の言動が間違いだったと分かれば、今までの言動に拘らず、今までとは正反対のことであってもそれをやる、というような意味である。

今回の総選挙における自民党の目を覆うほどの歴史的惨敗も、「豹変」できなかったことが大きいのだろう。前回の郵政選挙の後、圧倒的な多数を得た自公政権は三分の二を占める衆議院での数の暴力によって、議論の中で問題点が見えてきても修正せずに再可決で押し切った。結果として、後で多くの問題点が出てきた例が少なくなかったが、その責任を取ることなく、再可決を多用して政治を歪め、国民生活を破壊してしまった。その怒りが今回の結果につながったのだろう。

国民の生活、というためにはもちろんだが、与党の党利党略という意味でも、自分たちの集団を守るためには、「豹変」すべきだった。けれども、君子ではなかった自公政権のリーダーたちは、「間違いを認める」ことや「変える」ことを過度におそれ、「豹変」できなかった。自らの手で間違いを改めることができず、責任逃れに終始すれば、よほど温厚な人であっても怒り出すのは当然だろう。

さて、選挙の結果、今度は民主党が未曾有の大勝利となり、単独でも300を越えるほどの議席を得た。だが、この多数の議席をどう使うか、が実は試されている。野党となってしまった自公政権の失敗に学ばず、権力のわなに落ちてしまえば民主党も次の選挙では今回の自公政権と同じ目に合うだろう。だが、そのような形で政治が混乱すれば、割を食うのは1人ひとりの国民である。自公政権の失敗を「他山の石」とし、国会の場できちんと議論し、改めるべきところは改めるようになってくれると良いのだが……

それが、「変心」になるのか、君子の「豹変」になるかは、神のみぞ知る。ただ、国民の生活のためには、「豹変」できる政治になってほしい…と祈るのみである。

|

« 政権評価とマニフェスト | トップページ | 鳩山論文とアメリカの反応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/31199357

この記事へのトラックバック一覧です: 君子豹変す…変われなければ君子とは言えない:

« 政権評価とマニフェスト | トップページ | 鳩山論文とアメリカの反応 »