« 零式艦上戦闘機・ゼロ戦の型 | トップページ | This Night …TM NETWORK / humansystemより »

2009年12月15日 (火)

空気人形…からっぽの心

昨日の夜、無理をして映画を見にいった。監督・脚本・編集は是枝裕和、主人公の心を持ってしまった《空気人形》を演じるのは韓国の女優、ぺ・ドゥナである。性的欲望の処理のために作られた「空気人形」が心を持ってしまう…そのようなシュチュエーションで思い出すのは、眉村卓の小説『わがセクソイド』や桂正和のマンガ『電影少女』だが、それらとはまた異なったファンタジックな映像が、心を持った「空気人形」の哀しさと、周囲に生きる人間たちの空虚さを鮮やかに描きつくしていた。

ノゾミと名づけられて持ち主のファミレス店員の男と毎晩ベッドを共にする《空気人形》。ある朝、心を持ってしまって動き出し、アパートを出て街を歩き出す。そして、様々な心に空虚さを抱えた街の人たちと出会うが、たまたま足を踏み入れたビデオ店の店員をしている青年と出会い、恋をしてしまう。そして、そのビデオ店でアルバイトを始める《空気人形》。普通の女の子のように少女から娘、そして大人の女へという成長を経験できなかったが故の「日常生活」との距離感は、どこかしら「新世紀エヴァンゲリオン」の「造られし少女」綾波レイのイメージとも重なる。無垢で、新鮮で残酷な視線が、日常を暮らす人々の空虚な心を浮かび上がらせる。《空気人形》は身体は「空っぽ」だが、周囲の人々も心の中に「空っぽ」を抱えながら生きているのだ。

けれども、「空っぽ」の心は、人間にとってはある種の比喩に過ぎないが、《空気人形》は人としての成長の経験を持たないがゆえに、比喩を理解できる知恵がない。それゆえに【言葉】をストレートに受け止め、「誤解」をしていく。その誤解が彼女を哀しい【事件】へといざなう。そして、ラストの選択が、愛に殉じての死なのだとすれば、この物語はまさしく恋のファンタジーである。

ただ、人としては、たとえ心に「空っぽ」を抱えていても、精一杯生き続ける現実が愛おしいとも感じる。しかし、生き続ける為には、もしかしたらこんなファンタジーも必要なのかもしれない。

|

« 零式艦上戦闘機・ゼロ戦の型 | トップページ | This Night …TM NETWORK / humansystemより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/32622993

この記事へのトラックバック一覧です: 空気人形…からっぽの心:

« 零式艦上戦闘機・ゼロ戦の型 | トップページ | This Night …TM NETWORK / humansystemより »