« This Night …TM NETWORK / humansystemより | トップページ | 特に変化もない新しい年 »

2009年12月30日 (水)

沖縄と外交

普天間基地の移設問題で「日米同盟に対する悪影響」を懸念する報道が民主党政権を叩いている。だが、マスコミの報道を見聞きする限りにおいて、ほとんどのマスコミが自民党政権時代の対米隷属・売国外交をそのまま維持することがすべてである、としか聞こえないように思える。冷静に考えれば異常な話である。

日本とってアメリカとの関係の重要性は言うまでもない。けれども、沖縄に重い負担をかけたまま省みることなく放置し、どの同盟国よりも多額の資金をアメリカ軍に提供し、アメリカの軍人の犯罪に対して普通に日本の法律で裁けないような不平等な地位協定をそのまま放置しているような自民党の対米売国外交をそのまま継続するのはおかしい。その意味において、少なくとも、今のところ民主党連立政権は新しい外交をしているようにも思える。

外交である以上、前政権のように無条件、無批判、無判断にアメリカの主張を受け入れること自体がおかしい。「思いやり予算」など、日本の財政状況から考えれば、同盟諸国の中で日本に継ぐ資金を提供している韓国並みにするだけでも、「思いやり予算」は大幅に減額できるという。また、民家への影響などを考慮すれば、関西空港への移転という案は必ずしも悪くはない。それらも含め、しっかり議論してアメリカだけでなく、沖縄も含む日本の国民が納得できる形に調整すべきであろう。

外交なのだから、中国やロシア、アジア諸国とのバランスも考えた上で揺さぶって譲歩を引き出すことは当然やって良いし、アメリカの譲歩も何もない形で決着すれば、沖縄県民や一般国民の不満が一層強まり、それが日米関係を悪化させる懸念も出てくる。マスコミ報道からは、そうしたまともな視点が一向に見えてこない。それどころか、駐米大使がアメリカ国務省に寄ったのを何故か「呼び出された」と会見し、それをアメリカ側の裏付けも取らずにそのまま報道しているらしい、という話も聞こえてきている。これでは、偏向報道の可能性が高いといえよう。

政権は交代した。だからこそ、出来たことが確かにある。沖縄問題も外交も、困難は多いだろうが、アメリカだけでなく、日本の国民のプラスになる形で変革していって欲しいと思う。

|

« This Night …TM NETWORK / humansystemより | トップページ | 特に変化もない新しい年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/32795304

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄と外交:

« This Night …TM NETWORK / humansystemより | トップページ | 特に変化もない新しい年 »