« 迷走民主とカン違い自民 | トップページ | 大山鳴動して… »

2010年1月24日 (日)

冬の夜…温かい家族の風景

明治45年に作られている文部省唱歌の中に「冬の夜」という歌がある。最近の音楽の教科書からは消えているが、曲も良く知っているし、小さい頃に歌った覚えもあるので、多分、小学校辺りで習ったのだろうと思う。

 

 

冬の夜

燈火(ともしび)ちかく衣(きぬ)縫う母は 春の遊びの楽しさ語る。

居並ぶ子どもは指を折りつつ 日数(ひかず)かぞえて喜び勇む。

囲炉裏火(いろりび)はとろとろ 外は吹雪(ふぶき)。

囲炉裏のはたに縄なう父は 過ぎしいくさの手柄(てがら)を語る。

居並ぶ子どもはねむさ忘れて 耳を傾(かたむ)けこぶしを握る。

囲炉裏火(いろりび)はとろとろ 外は吹雪(ふぶき)。

 

 

囲炉裏はもちろん、夜なべ仕事でお母さんが服を縫ったり、お父さんが縄をなったりするような光景は、今ではもう見られないだろうし、小学生ではイメージすらもできない事と思う。そして、子どもの数も「居並ぶ」ほどいる家はめったにないだろうし、テレビやゲームに熱中したり、あるいは宿題に追われたりして、夜な夜な父母や祖父母の話を聞くなどの経験もまずないに違いない。その意味において、小学校の音楽の教科書から消えてしまったのは、致し方ないことなのかもしれない。けれども、この歌の描く情景は素朴な温かさに充ちている。

明治に作られた歌、という意味では時代を感じる言葉もある。「過ぎしいくさの手柄」というのは、明治45年という年代を考えれば日露戦争だろうか。日露戦争には当初から多くの東北からの兵士が出生しており、たくさんの犠牲者を出している。それを生き延びれば、まさしく英雄であったと、子ども心に感じるだろう。戦争に対する評価はともかく、強くて尊敬できる父と優しい母を何の不安もなく無邪気に信じられる子どもたちのまなざしとそれを慈しむ両親の視線。今のように電気炬燵も石油ストーブもエアコン暖房もないが、その心のつながりとそれゆえに感じられる温かさが胸に染みこんでくる歌である。

|

« 迷走民主とカン違い自民 | トップページ | 大山鳴動して… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/33112150

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夜…温かい家族の風景:

« 迷走民主とカン違い自民 | トップページ | 大山鳴動して… »