« グレンフィディック18年 | トップページ | 想い出がいっぱい…みゆき、そして卒業の歌 »

2010年2月21日 (日)

激戦 ! 日本vs英国

土曜日の昼、何気なくTVを見ていたら、日本VSイギリスのカーリングの試合が始まった。テープおこしをするつもりでいたのだが、その手に汗握る熱戦にTVに釘付けになってしまい、とうとう決着がつくまで見続けてしまった。最終的には点差が開いて日本チーム/チーム青森の勝利となったが、試合のレベルはとても高く、実はいつ逆転があってもおかしくない展開だったのである。

日本に敗れはしたが、特筆すべきは英国チームの技量の高さであり、特に19歳のスキップ(主将/最後にストーンを投げる選手)の読みと技量は舌を巻くものであった。ただ、日本のスキップ目黒の読みとショットも素晴らしかった。結局、チーム全体の氷面の読みのわずかな差と、2度のチャンスをクリスタル・ジャパンが確実にものにしたことで点数としては大きく開いたが、ストーンをコントロールする技量と集中力は、双方のチーム共に素晴らしいもので、さすがはオリンピックというレベルの試合だった。

そして、カナダ、中国と連敗した後で、集中力を取り戻し、期待と重圧の中、素晴らしい力を発揮して勝利した日本チーム。この一戦で、多くの人々がカーリングというスポーツに魅了されたのではないかと思う。まだまだ予選リーグの段階で、日本チームが決勝に進めるかどうかは予断を許さないところだが、日本チームも英国チームも実力を発揮して、悔いが残ることがないようにがんばって欲しいと思う。

|

« グレンフィディック18年 | トップページ | 想い出がいっぱい…みゆき、そして卒業の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/33464131

この記事へのトラックバック一覧です: 激戦 ! 日本vs英国:

« グレンフィディック18年 | トップページ | 想い出がいっぱい…みゆき、そして卒業の歌 »