« 想い出がいっぱい…みゆき、そして卒業の歌 | トップページ | 沖縄はもう十分耐えた »

2010年3月16日 (火)

子ども手当てと高校無償化

曲りなりに…という印象はあるが、子ども手当てと高校授業料無償化が何とか進みだそうとしている。前政権政党によるバラマキ批判はあるが、失政に失政を重ねて家計の収入を奪い、低賃金化わ許して生活のために残業を余儀なくさせられて子どもや地域の活動に割くための時間を無くする政策を推し進めて地域と家庭の教育力を崩壊させてしまった政党の、どの口がそれを言うのか、と呆れてしまう。すべては、前政権の失政と悪政のツケであり、その尻拭いのために暴走資本主義によってバラバラにされ集団としてのパワーを失ってしまった様々な組織に個人が頼れなくなってしまったからこその個別保障の一環と言えるだろう。

社会主義的な視点から見ても、本来の意味での保守的な視点から見ても、家庭や地域の教育力や相互扶助のパワーが減少している現実は、危機的である。これは、「国際競争力」を口実にした大企業の人件費削減要求に無批判・安易に乗った旧政権の責任が大きく、十分な収入を得られなくなったからこそ長時間労動や不安定就労を強いられて国民の多くが家族のための時間や地域のための時間を安心してとれなくなった結果、子どもも含めた周囲の人々との関わりを薄くせざるを得なくなってしまった事による。そのため、集団として資金を還元しても集団の中で適正に配分される可能性が著しく減少したからこその家庭・個別への保障をせざるを得ないのである。

ある意味では、家族に子どもを支え関わることのできる十分な時間と収入があれば、子ども手当ても、高校無償化も不要である。が、それが困難な現実にあって、焼け石に水という感じはしても、間違った現状認識とゴマカシの上に立って何もしなかった今までよりも1歩前進しようとしているように感じられるだけの事である。したがって、子ども手当ても、高校無償化も第1歩に過ぎず、家族や地域のために割く時間を確保しつつ、生活が出来る収入を確保するための税制改革・財政改革も必要となるし、家族や地域の立て直しを進める政策も必要になってくる。

国会での議決は第1歩に過ぎない。国民として、これから何をしていくのかを注意深く、そして厳しく見守っていく必要があるだろう。

|

« 想い出がいっぱい…みゆき、そして卒業の歌 | トップページ | 沖縄はもう十分耐えた »

コメント

「TAC」様
 御無沙汰を致しました。
お元気でご活躍に安堵致しました。

 私は昨年、義母が交通事故で瀕死の重傷を負い、忙しくしていました。
 幸い命は助かり、今は退院、リハビリで通院中です。
自力で立つことは不可能になり、農業も出来なくなりました。妻と私で支えています。

 私の方は、何とか日常生活は取り戻しています。

 政権交代があり、人間中心の政策に転換されたことを歓迎しています。
 子供手当や高校無償化政策が推進され、だれもが高校は経済的に心配することなく卒業出来るようになれば、素晴らしいと思っています。
 やっとスタートを切ったばかりですから、国民の自覚の伴った支援が必要と思っています。

 これから先の財政の健全化、政治のかじ取りは厳しい状況にあるだけに、各議員の姑息な発言・行動は監視したいと思います。また官僚も、国民への奉仕者であることに一層の自覚を持って、課題の山積する中で築き上げる政策を熟考してほしいと願っています。優秀な能力を発揮してほしいと思っています。
 当たり前のことですが人のために科学や経済や政治が存在するのであって、前政権の長期の人より経済・効率優先の歪みや「強い者優先」の政策・思考を果敢に払しょくしてほしいと願っています。
 国会論戦を聞いていますと、前政権政党はアジテーター的発言が多く、税金泥棒をしないで、建設的な大人の予算審議と政策を提言欲しいと願っています。
 落胆しないで直視したいと思います。

 久しぶりに拝読出来ました。
 本日はありがとう御座いました。
 ご活躍をお祈り致します。

投稿: 宮崎 寛 (みやさん) | 2010年3月16日 (火) 17時16分

こちらこそ、ご無沙汰しております。2月3月は忙しく、今年は同人誌の編集も遅れています。22日の月曜辺りから少し時間が出来そうなのですが…。
 
blogの方には友のことや平和のことをかいておられましたね。最近は、ちょっとコメント出来ずに読むだけで失礼しております。
 
前政権のツケを無視してマスコミが無責任に騒ぎ立てているところも感じられますが、子どもをはじめ、弱い立場の人々を大切にしないと、結局、社会そのものが崩壊するのではないかと思います。その辺りを監視しながら、是は是、非は非として、迷走気味の流れを見極めていきたいものです。
 

投稿: TAC | 2010年3月19日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/33790417

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当てと高校無償化:

» グッズ [氷河期の生き方]
就職氷河期世代が辛酸を・・・ [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 10時14分

« 想い出がいっぱい…みゆき、そして卒業の歌 | トップページ | 沖縄はもう十分耐えた »