« 反省ができない人たち | トップページ | DVDを見るだけのGW !? »

2010年4月26日 (月)

普天間基地移設の迷走はマスコミの迷走!?

沖縄が幾度目かの、そして強烈なNOを突きつけた。現地でこれだけの反対があって、それを押し切ることがアメリカ軍にとっても決してプラスにはならないだろう、という判断が、まともな政治指導者なら働くだろう。その意味において、マスコミの報道は、沖縄の反対を大きく報道しつつも沖縄以外の選択肢…例えばマリアナ諸島のテニアンの議会による海兵隊の受け入れを歓迎する決議など…を報道することはもちろん、真剣に様々な案を考察したり検証したりする姿勢はほとんど見られない。迷走しているのは、鳩山政権以上に、マスコミの方ではないだろうか。

ことは、普天間基地移設問題に矮小化すべきことではなく、日米関係の問題である。沖縄への過剰な基地負担はもう限界である、ということは以前にも書いた。それでも日米関係を深化するのに在日米軍が必要だというのであれば、沖縄以外の本土への移設しかない。けれども、移設先に名前が上がっただけで反対が出る、というのは日米地位協定などの不公正や不平等が受け入れる立場からすれば大きな問題となり、国民生活の維持にリスクが大きいと見られてしまっていることも大きい。とすれば、本土への移設を考えれば当然日米地位協定の見直しも必要となる。そうした構造に対する言及すらマスコミに見られないのは、マスコミにこの問題を真剣に国益として取り上げる意思、もしくは能力がないからではないか、と考えざるを得ない状況である。

沖縄の反対を熱心に報道するマスコミは、当然、本土への移設についても述べるべきであり、それが述べられないのであれば、沖縄にはもちろん本土にも在日米軍はいらない、とする論調になるのが論理的にはまともだろう。在日米軍は必要で沖縄はダメ、本土もダメ、ということであれば、マスコミの論調は明らかに迷走である。民主党・鳩山政権の迷走を声高に叫ぶマスコミ報道。けれども、論理性を失い感情的に国民を煽ろうとするだけの昨今の報道はどうもいただけない。マスコミの信頼性がどんどん低下している。

|

« 反省ができない人たち | トップページ | DVDを見るだけのGW !? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/34403818

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地移設の迷走はマスコミの迷走!?:

« 反省ができない人たち | トップページ | DVDを見るだけのGW !? »