« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

現実と理想の距離……普天間騒動からの一考察

沖縄普天間基地移設問題のゴタゴタをきっかけに、「現実」と「理想」の問題について改めて考えてみた。人間というものは、夢や希望、理想といったものを持たずに生きるのは苦しいが、さりとて現実を無視しては生きていけない。だから、現実を見ずに夢や理想だけを語っていても現実は変えられないが、一方で「現実は…」という言葉でそれを追認するだけでも、これまた現実を変えていくことは不可能である。

さて、普天間基地移設問題において、旧政権を担い現在は野党となった自民党やみんなの党などの似非新党は、「日米同盟」という言葉で思考停止をして沖縄の重い負担を省みることはなかった。従って、今回の騒動を「現実は…」という言葉で問題を追認するだけの無責任な日米関係を現状維持してきた一方の当事者であり、鳩山首相を批判する資格はない。

一方の鳩山首相だが、「友愛」をはじめとするさまざまな「理想」を語った(「県外移設」などもその1つだと言えよう)が、「現実」を見ずにいたがゆえに具体的な手段や方向性を示すことが出来ず、最悪の対処・決断をしてしまった。

いずれも、心の相談の現場では、少なからず見かけるタイプである。現実を見ることも、理想を描くことも、現実を変えていく際には必要不可欠である。だが、より重要となるのは、現実から理想へといたる具体的なステップを踏むことである。その意味では、旧政権側は理想を描くこととステップを刻む力に欠け、鳩山首相は現実を見ることとステップを刻む力に欠けていたという事になるだろうか。

沖縄県民があれ程までに悲しみ、怒るのは、どちらも現地で生活する人々の現実をきちんと見ていないことからくる。日米関係を本当の意味で大切に考えるのであれば、沖縄の負担を減らし、かつ日米関係を深化させるべき具体的な国内移転(しかも、今まで沖縄や青森、北海道などの基地を受け入れてきた道県以外の都府県に)を真剣に考え、きちんと国民を説得する必要がある。そうでなければ、政府やアメリカに対する不信感や怒りがたまり続け、ついには支援や協力関係にヒビが入るような事態やテロを呼び込むような危険が生じかねない。アメリカ軍も、旧政権も、鳩山首相も、そうした日米関係へのリスクを考えていないとしか見えず、それは非現実的で無責任な対応だと言えるだろう。

理想を胸に抱きながらも、現実から出発し、目に見える可能な努力を積み重ねながらステップを刻み続ければ、すぐには無理でも、やがて現実を変えていくことが出来る。けれども、口先だけで美辞麗句を語っても、努力の積み重ねや具体的なステップが目に見える形で提示されなければ、人々の信頼は得られない。実は、普天間騒動によって、日米関係の問題…特にアメリカ軍に対する日本国民の不満や不審の存在が明確になってきている。基地移転問題に矮小化して考えていては、この重大な問題が見えてこないと思うのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月28日 (金)

「抑止力」こそ《事業仕分け》を!!

普天間移設問題で、鳩山首相は対米隷属離脱を断念したようだ。基本的に危機や恐怖を煽って国民の判断力を低下させ、無茶をする、というのはブッシュJr政権や、旧自民党政権など、実力を伴わずに権力にしがみつこうとする連中の共通したやり口だが、社民党の福島大臣を罷免した時点で、鳩山首相もその連中の仲間入りをした、と判断できる。

根本問題は普天間基地の移設ではなく、日米関係である、ということは以前にも書いたが、そうした点からすれば、沖縄に拘ることは沖縄県民の対米感情や対日感情を悪化させ、テロを呼び込む危険性を生じさせることや、北朝鮮の有事を想定してのことであれば、日本海側への移設が距離的には近くなることなどを改めてアメリカに伝え、アメリカの戦略と日本の防衛負担の新たな一致点を探ることの方がまともな判断ではないだろうか。

逆に、国内に基地の移設を受け入れようとする知事・地域が少ないという現実は、そうした「抑止力」よりも「基地の負担」が問題だ、とする実感が国民の側にある…ということになる。そうした点もきちんと含めて、日米関係の「現実」を再検討し、その現実の上に立った戦略や日米関係の未来像を描くことが政権交代をしたリーダーには必要であった。

そうしたまともの論題を展開することなく、基地移転に問題を矮小化させるマスコミ報道や、「現実」を見据えた上での対案も出せず、首相の言質をとって攻撃することしか出来ない(実は一方の責任の当事者でもある)自民党を中心とした野党の力不足にも目を覆いたくなるが、ことの本質を見失い、決断を出来ずに問題を先送りして、ついには自爆した鳩山首相の醜態は、もはや見たくもない、という感じである。

だが、鳩山首相の逃げ込んだ《抑止力》の論は、厳しい国際情勢の現実からしても、国民の1人として見逃すことは出来ない。マスコミが、もう少ししっかりしていれば良いのだが、マスコミの分析力が低下していてその本来の重責を担いきれていない以上、力不足でも声を上げていく必要がある。《抑止力》とその負担のバランスを考えたとき、金銭面、生活への悪影響の面で、国民の側の負担が大き過ぎると感じているのが沖縄を中心とした国民感覚である。在日米軍のために負担している税金、米軍基地を抱えることによる経済面や生活面のマイナス、北朝鮮の脅威の「現実」とアメリカの世界戦略と日本の協力体制のバランス…。きちんと《事業仕分け》をすべきポイントはたくさんある。《抑止力》の一言では、誰も納得できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

ファンレター -SO GOOD SO NICE-

南沙織/シンシアが1992年に出したベスト・アルバム「Recall」の最後に「ファンレター」という歌が入っている。10代の頃は彼女の長い髪とアルトの声に魅了されていた。「哀しい妖精」「ひとかけらの純情」「女性」「人恋しくて」「色づく街」などは特に好きな歌で、これらのシングル・カットされた歌がすべて入っているこのアルバムは聴いていて懐かしさを感じるが、その最後に入れられた新しい歌「ファンレター」は、若い日々を振り返りながらしっとりと聴ける歌になっている。作詞は阿久悠、作曲は筒美京平。特に筒美は28枚のシングルのうち17曲を作曲している。その意味では、南沙織の歌らしい歌なのだが、若い世代を見つめ育てていく年齢になった今聞くと、なかなかに感慨深いものを感じる。

 

裸足の娘が走る 渚にヒールを捨てて 愛(いと)しいひと 恋しい人 夢中で追いかけて 人間(ひと)には誰でも あんな 他人を気にせず生きる 時代があり 季節があり もちろん 私にも

SO GOOD SO NICE あの日の私 そして 裸足の娘 心までバラ色の きょうの日に乾杯を SO GOOD SO NICE あの日の私 そして 見知らぬ娘 愚かでも 恋は恋 情熱を消さないで

ルージュがうっすら溶(と)けて キスしたばかりの顔で ふるえている 笑っている 涙でびしょ濡れて 愛することだけ思い 眠りを忘れてしまう 傷ついても つまずいても それでも 幸福(しあわせ)で

SO GOOD SO NICE あの日の私 そして 恋する娘 人生の主役なの ただ一度許されて SO GOOD SO NICE あの日の私 そして 手を振る娘 送りたい ファンレター 思いきり生きてねと

ここまで生き続けて中で、自分自身の中に様々な体験が積み重なっている。そして、ふと周りを見ると、あの頃の自分と同じように精一杯悩み苦しみながらも自分の人生に立ち向かっている若い世代が目に入る。自分の人生を受け入れつつ、今を生きる後の世代への優しいまなざしを注ぐことの出来る自分でありたい。そんなことを考えながら、時々、しみじみと聴いていたい歌である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

法治主義と感情

今日は憲法記念日だが、先月末に法治主義の根幹を揺るがしかねないような出来事が続いた。国民感情というか、一般市民の感情とのかかわりが、実は日本の法治主義を揺るがしかねない危険に踏み込もうとしているように思われたからだ。その出来事の1つは、検察審査会による小沢一郎議員の不起訴不当決議、そしてもう1つは重大犯罪の時効撤廃を過去の事件にも遡って適応しようという処置だ。

最大の問題は、マスコミの暴走が人々の感情の暴走を煽り、それが国会の論議や検察審査会の決議をも動かしたという事であり、それは、日中戦争~太平洋戦争の頃の世論形成とマスコミの関り方に類似しているように思われるからである。さしずめ、大本営が今の検察で、マスコミが今のマスコミと同じように正常な批判や判断から目を背けて世論を暴走させる構造を作っているというところか。マスコミが大本営発表を垂れ流して戦争への世論を煽り過ぎて「空気」を作ってしまい、その「空気」が論理的・正常な反戦や非戦、戦争終結といった判断を大本営から圧殺して戦争になだれ込んでいった構図。無自覚なマスコミがこのような空気を作り出してしまったのである。

まず、小沢一郎不起訴不当の決議について。私は小沢一郎がシロとは考えていないが、現在の政治資金規正法のザル度では灰色で起訴はできないだろうと考えている。そして、推定無罪の原則からすれば、証明できなければ無罪なのである。これは多分、検察の法的な判断とそれ程違いはないだろうと思われる。結局、検察の情報操作による世論誘導の戦略が裏目に出たということであり、見込み操作や不法捜査を隠蔽して情報漏えいによるマスコミ操作をして世論を煽り、小沢一郎を追い込んでいった結果が一般市民の「不起訴不当」である。マスコミは検察の情報操作の裏をかき、政治資金規正法の改正と厳罰化の世論を作ろうと努力すべきであった。起訴をしても裁判では無罪となれば検察の権威は低下する。有罪にすれば、法治国家ではなくなる。

そして時効の撤廃。それ自体も色々と問題を含むが、時効の成立していない過去の事件にまで適応すれば、法律によっていくらでも過去に適法行為であったことを有罪にする道を開きかねず、近代法の原則からも人権の視点からも外れてしまいかねない。日本は、法治国家から外れて感情の暴走が法律や法の執行を左右する無法国家になってしまう危険がある。憲法記念日である今日、考えておきたいことである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

DVDを見るだけのGW !?

巷ではGWで、風光明媚なこの地方では多くの車が押し寄せてきている。ただ、こちらはところどころで仕事が入っているので、旅行などに出て行けるほどの時間はない。ただ、通常よりも仕事の量は減っているのでDVDを見る程度のまとまった時間はある。それを当て込んでか、時々行くビデオ屋が新旧に関りなく100円で貸し出すというキャンペーンを行っている。たまたま昨日、カウンセリングの仕事の帰りにそこへ入ってしまったために、すっかりその罠にはまってしまい、「仁…Jin…」の第一巻を借りてしまった。

TV放映の際には、注目しつつも仕事等の都合で、結局、4話から見出したこともあり、見逃していた最初の何話かを見ておきたくて借りたのだが、やはり面白く、夜、仕事を終えてから次の巻を借りるためにもう一度ビデオ屋に走る羽目になってしまった。そして今日、同人雑誌の編修作業をしながら、昨夜に続き、借りてきた分全部をもう一度見直してしまった。

まあ、このようなことができるのはGWということで、素直にそれを楽しみたいと思う。それにしても「仁…Jin…」はやはり面白い。原作マンガを描いている村上もとかは「赤いペガサス」や「修羅の剣」「ムサシの剣」といった作品を少年サンデーに連載していた頃から注目していたマンガ家で、数年前に連載を終えた「龍」も全巻そろえてある。ドラマは原作とは違っている部分もあるが、その違いは、それぞれに面白く、原作マンガとドラマの両方をこの休みの間に楽しめそうである。たまには、こんな休みの過ごし方も良いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »