« 「抑止力」こそ《事業仕分け》を!! | トップページ | 政治と金が問題ならば »

2010年5月31日 (月)

現実と理想の距離……普天間騒動からの一考察

沖縄普天間基地移設問題のゴタゴタをきっかけに、「現実」と「理想」の問題について改めて考えてみた。人間というものは、夢や希望、理想といったものを持たずに生きるのは苦しいが、さりとて現実を無視しては生きていけない。だから、現実を見ずに夢や理想だけを語っていても現実は変えられないが、一方で「現実は…」という言葉でそれを追認するだけでも、これまた現実を変えていくことは不可能である。

さて、普天間基地移設問題において、旧政権を担い現在は野党となった自民党やみんなの党などの似非新党は、「日米同盟」という言葉で思考停止をして沖縄の重い負担を省みることはなかった。従って、今回の騒動を「現実は…」という言葉で問題を追認するだけの無責任な日米関係を現状維持してきた一方の当事者であり、鳩山首相を批判する資格はない。

一方の鳩山首相だが、「友愛」をはじめとするさまざまな「理想」を語った(「県外移設」などもその1つだと言えよう)が、「現実」を見ずにいたがゆえに具体的な手段や方向性を示すことが出来ず、最悪の対処・決断をしてしまった。

いずれも、心の相談の現場では、少なからず見かけるタイプである。現実を見ることも、理想を描くことも、現実を変えていく際には必要不可欠である。だが、より重要となるのは、現実から理想へといたる具体的なステップを踏むことである。その意味では、旧政権側は理想を描くこととステップを刻む力に欠け、鳩山首相は現実を見ることとステップを刻む力に欠けていたという事になるだろうか。

沖縄県民があれ程までに悲しみ、怒るのは、どちらも現地で生活する人々の現実をきちんと見ていないことからくる。日米関係を本当の意味で大切に考えるのであれば、沖縄の負担を減らし、かつ日米関係を深化させるべき具体的な国内移転(しかも、今まで沖縄や青森、北海道などの基地を受け入れてきた道県以外の都府県に)を真剣に考え、きちんと国民を説得する必要がある。そうでなければ、政府やアメリカに対する不信感や怒りがたまり続け、ついには支援や協力関係にヒビが入るような事態やテロを呼び込むような危険が生じかねない。アメリカ軍も、旧政権も、鳩山首相も、そうした日米関係へのリスクを考えていないとしか見えず、それは非現実的で無責任な対応だと言えるだろう。

理想を胸に抱きながらも、現実から出発し、目に見える可能な努力を積み重ねながらステップを刻み続ければ、すぐには無理でも、やがて現実を変えていくことが出来る。けれども、口先だけで美辞麗句を語っても、努力の積み重ねや具体的なステップが目に見える形で提示されなければ、人々の信頼は得られない。実は、普天間騒動によって、日米関係の問題…特にアメリカ軍に対する日本国民の不満や不審の存在が明確になってきている。基地移転問題に矮小化して考えていては、この重大な問題が見えてこないと思うのだが……。

|

« 「抑止力」こそ《事業仕分け》を!! | トップページ | 政治と金が問題ならば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/34984211

この記事へのトラックバック一覧です: 現実と理想の距離……普天間騒動からの一考察:

» 鳩山首相、明日にも退陣か [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
民主党内では31日、米軍普天間飛行場移設問題で迷走を重ねた鳩山由紀夫首相の退陣を求める声が広がっているようです。小沢一郎幹事長は同日午後、国会内で首相と急遽会談し、その後の党役員会で「これから決めることだ」と首相の進退に言及。小沢氏は明日にも、首相と再度会談する予定。党内では夏の参院選への不安が急速に強まっており、情勢は緊迫化してきたというものです。首相と小沢氏の会談は、輿石東参院議員会長も交え�... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 02時08分

« 「抑止力」こそ《事業仕分け》を!! | トップページ | 政治と金が問題ならば »