« 映画「ビルマの竪琴」と〈埴生の宿〉 | トップページ | エネルギー不足 !? »

2010年9月 8日 (水)

難局に耐えられる指導者は?

民主党の党首を選ぶ選挙も中盤に差し掛かっているが、マスコミ報道がどうも気になる。妙に菅首相寄りの報道が鼻につくのである。例えば、「首相がコロコロ変わるのは良くない」などという意見が菅首相支持のけっこう有力な理由として語られたりするが、経済的にも政治的にも対外的にも難局を数多く抱えている中、菅首相で良いのか? という話が多くの解説の中でほとんど出て来ない。

だが、菅首相が引き継いで以来、参議院選挙の対応や後始末、円高に対する無策、緊急対策という割には状況を変えるには不十分なレベルの対応などを見ていると、難局に対峙するだけの度胸と決断力に欠けていると、私には感じられる。コロコロ変わる消費税についての発言、就労問題を口にする割には現職首相であるにもかかわらず具体性に乏しい内容、内外の山積する難題に、この首相で良いのか…という気になってしまう。

その意味では、聞きたいのは政策論争であり、現首相についてはより具体的な政策と対応である。ところが話を聞いていると、小沢氏の方がよほど具体的にイメージできる。それをどの程度実行できるのかは未知数だが、小泉以降の自公政権時代の政治・経済と一線を画すのだという意思も伝わってくる。菅首相の話が自公政権時代の方向へ戻そうというように聞こえてくるのと対照的である。

また、ネット情報では、必ずしも菅首相が有利ではなく、逆に小沢氏が逆転しているというものも少なくない。にも関わらず、マスコミからその情報はほとんど伝わってこない。これは、あまりにも露骨な情報操作ではないのか。小沢氏が首相になれば、記者クラブなどの大マスコミ利権に風穴が開く可能性を指摘する週刊誌の記事もある。それを嫌っての偏向報道であれば、目先の利益のために国を危うくする売国行為である。戦前の「大本営発表」を垂れ流した歴史に学ばずに、同じ過ちを繰り返そうというのだろうか。

日本は様々な問題を抱えて難局の中にある。それに正面から向き合い、決断できる指導者が、今の日本には必要である。

|

« 映画「ビルマの竪琴」と〈埴生の宿〉 | トップページ | エネルギー不足 !? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/36622188

この記事へのトラックバック一覧です: 難局に耐えられる指導者は?:

« 映画「ビルマの竪琴」と〈埴生の宿〉 | トップページ | エネルギー不足 !? »