« 年の終わりに | トップページ | 過剰流動化と地域社会の荒廃 »

2011年1月 1日 (土)

新しい年は明けたが

謹賀新年

 

新しい年が明けた。とは言っても、特に新しいことがある訳ではない。雑煮を食べ、サッカーを見て、TVやDVDを見て1日が終わろうとしている。平和な元旦である。ただ、日本列島に居座っている寒気の影響で、日本海側は大雪である。米子など、研究会などで交流のある人たちも住んでいるので、悪影響が出ていないか心配ではある。

とは言っても、心配できることは自分自身に余裕があることなのだろう。その意味では、社会や経済でも、本来、お金や生活に余裕のある人は、心の余裕を持って他者と接することや他者を助けることが出来るはずなのである。ところが、必ずしもそうとは言えないところが今の日本の社会にはある。今年は、それが少しでも改善されて欲しいものである。

|

« 年の終わりに | トップページ | 過剰流動化と地域社会の荒廃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/38303062

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい年は明けたが:

« 年の終わりに | トップページ | 過剰流動化と地域社会の荒廃 »