« 「銀河英雄伝説」から信頼できる【指導者】を考える | トップページ | 何やってんだ~ふざけんじゃねえ~菅などいらね~ »

2011年4月29日 (金)

「がんばれ日本」への違和感

震災後、テレビをつけていると「がんばれ日本」という言葉が目につく。未曾有の大災害の後、それでも生き、復興を目指すためには確かにがんばることは大切なのだが、一方で、被災者の方々、現場でそれこそ命懸けで働く技術者や作業員、自衛隊や外国からの支援の方々、ボランティアの方々は十分にがんばっていると感じられる。仲の良い友人の中にも、この連休を利用してボランティアに行こうと動いている者もいる。それは、すばらしいことだと思う。

だが、その一方で、政府首脳や東電の経営陣たちの「がんばり」はほとんど伝わってこない。それこそ現地の人々や一般の国民に「がんばれ」を押付けて、自らは責任回避に動いているようにしか見えない。これは、いかがなものだろうか。

これだけの大災害である。どのように動いても、批判は必ず出る。それはある程度仕方のないことである。それでも、その中で少しでも早くしかも被災者の方々の生活の立て直しの支援体制をどれだけ整えられるかが大切である。

私自身、それなりに歳をとっているので、阪神淡路大震災の記憶はある。被災地域は今回ほどの広範囲ではなかったし原発事故もなかったが、親戚や交流の深かった先生なども神戸住んでいたので後で話も聞いた。当然、村山政権への不満や批判も耳に入ったが、今回の政府や東電のトップの対応と比較して、ずっと真剣さは勝っていたなあ、と感じている。

現地の人々は、十分にがんばっている。それは、遠く離れていても十分に伝わってくる。その人たちに対して、これ以上「がんばれ」という言葉はとても言えない。けれども、もっとがんばらなければならない人がいる。その人たちの責任を「がんばれ日本」の言葉の中にうずめ、ごまかしてしまってはいけない。責任回避に走っている連中よ、あなたたちこそがんばれ !! そして、ごまかすな !! 「がんばれ日本」の言葉に接する度に、そんなことを感じる今日この頃である。

|

« 「銀河英雄伝説」から信頼できる【指導者】を考える | トップページ | 何やってんだ~ふざけんじゃねえ~菅などいらね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/39792466

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんばれ日本」への違和感:

« 「銀河英雄伝説」から信頼できる【指導者】を考える | トップページ | 何やってんだ~ふざけんじゃねえ~菅などいらね~ »