« 「がんばれ日本」への違和感 | トップページ | アラバマの竜巻 »

2011年4月30日 (土)

何やってんだ~ふざけんじゃねえ~菅などいらね~

菅政権になってからの自民党政策への回帰は目に余るが、この震災対応を見ていても石を投げたくなってくる。古代ギリシャの民主制であれば陶片追放でもしているだろう。大体、原発政策は旧政権からずっと続いているものであり、自民党辺りはどの面さげて批判を口にするのか、という気がしないでもない。が、それ以上に菅総理の対応のまずさ、災害という人々の不幸を自らの政権存続のために利用しているとしか見えない醜悪さが鼻をつく。そしてこの上、増税だとか。

ちょっと待て。国民の負担を口にする前にやることがあるだろう。まず、首相をはじめ閣僚や国会議員の給与の半減、またこの非常時にアメリカの国債は死蔵しているわ、思いやりやり予算は聖域におくわ…というのはちょっと違うだろう。昨年の参議院選挙の惨敗があるし、国民はもともと菅首相を信任している訳ではない。それが未曾有の震災・津波・原発事故という災害の中で「政治的空白を作るのは悪いかも知れない」と一瞬は考え、様子を見ようとしたのが、打つ手が遅く、ピント外れで、しかも自らの責任回避と保身を考えているとしか見えない行動ばかりである。自画自賛をするのは勝手だが、この上首相の座に居座り続ければ、日本に対する外国からの信頼は低下するだろうし、国民はピントの外れた悪政によって長く苦しみ続けるだろう。

この際、政治的空白を作っても、菅首相を退陣させた方が、長期的には日本の国益にもなるし、国民の不幸を最小に押さえられるのではないか。

何やってんだ~ふざけんじゃねえ~菅などいらねえ

|

« 「がんばれ日本」への違和感 | トップページ | アラバマの竜巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/39815058

この記事へのトラックバック一覧です: 何やってんだ~ふざけんじゃねえ~菅などいらね~:

« 「がんばれ日本」への違和感 | トップページ | アラバマの竜巻 »