« グレンキースを1ショット | トップページ | 「まあいっか」の功罪 »

2013年3月31日 (日)

やっと開けたグレンフィディック・クラッシック

週に何度かウィスキーを飲み歩いていた頃、お気に入りの銘柄の一つだったグレンフィデック・クラッシックの樽が、スコットランドの製造元でもなくなった……という話を行き付けのショット・バーで聞いた。驚いて、隣の市内にあるお気に入りの酒屋に注文してみたら、かろうじて3本が手に入った。そのうちの1本は知り合いの美術館長に送ったのだが、その後、家に所持したままどうしても開けることが出来ないまま時間が過ぎていった。これで終わりかと思うと、どうしても開けるきっかけがつかめなかったのである。

ところが、先月、行き付けのスナックでウィスキー談義をしていたところ、店の女の子が「プレミアムなら飲んでみたい」と言い出した。彼女はウィスキーは苦手で、普通、ウィスキーを飲むことはない。そんな彼女が「飲みたい」と言い出したので面白くなって、次に飲みに行った時にクラッシックを持っていった。

グレンフィディック・クラッシックは、現在流通していてメインの愛飲銘柄になっているグレンフィディック12年とは当然のことながら、味もボトルも異なっている。グレンフィディック・クラッシックのボトル黒く、少し現在のボトルよりも高い瓶である。グレンフィディックらしい芳香や基本的な味わいは共通だが、クラッシックの方が若干ハードな味に仕上がっている。そうした違いはあっても、基本的に美味しいスコッチのシングルモルト・ウィスキーである。

美味しいウィスキーを飲んでいてウィスキーの味がわかる人に出会うと、ついついそれをすすめたくなる。その日も、カウンターにいたお客さんの何人かと、グレンフィディック・クラッシックを楽しんだ。美味しいものはみんなで味わえると一層楽しくなる。そんなウィスキーの時間がとても好きだ。

|

« グレンキースを1ショット | トップページ | 「まあいっか」の功罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/51039288

この記事へのトラックバック一覧です: やっと開けたグレンフィディック・クラッシック:

« グレンキースを1ショット | トップページ | 「まあいっか」の功罪 »