« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

最近、カラオケのレパートリーに追加した歌がある。サザンオールスターズの「蛍」である。初めて聞いたのは、映画「永遠の0」を見に行った時。ゼロ戦は小さい頃から大好きだったので、当然、この映画は時間を作って見に行ったのだが、そのエンディングがこの歌だった。
桑田の声はあまり好きな方ではないが、それでも桑田の作るバラードはけっこう好きなものもある。「いとしのエリー」や「TSUNAMI」などがそうだが、この「蛍」も曲としてはきれいなバラードに仕上がっている。そして、歌詞も映画の世界とよくリンクしている。この歌を聴いたり歌ったりしていると映画のいくつかのシーンが浮かんでくる。
家族のもとに帰りたくて、何としても生き延びようしていた零戦の凄腕パイロット宮部が、結局は、エンジンの故障した零戦52型を零戦21型に変えてもらって特攻していくシーンと、「何のため己を断って魂だけが帰り来るの?」のフレーズはイメージ的に重なり、現代の平和な日本は多くの名もない戦死者の犠牲の上に築かれたことを今更ながらに思う。
特に最後の「夢溢る世の中であれと祈り」というフレーズはちばてつやの「紫電改のタカ」のラストシーンとも重なる。郷土の、そして家族の未来を祈りつつ死地に赴いたであろう特攻隊の兵士たち。今の日本はその祈りに応えられるような努力がなされているだろうか。武器輸出の禁止の緩和や憲法の平和主義をなし崩しにして、戦争を再び呼び込もうとするような一部の流れには気を付けたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »