« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月13日 (土)

新自由主義と軍国主義はいらない

明日は、総選挙。意味不明の解散を受けて、一票の格差をキチンと是正しないまま行われることになった選挙である。首相と与党は新自由主義に基づくアベノミクスの是非を問うとほざいているようだが、新自由主義の方向に大きく舵を切ったのは小泉政権であり、それ以降、一般民衆の懐具合は悪化を続けている。このことからも、新自由主義者の言うトリクルダウンは起こらないというのは明白だが、OECDの国々の間でも、新自由主義が失敗であったという評価が広がっているらしい。当然のことである。
加えて、絶対多数を誇った与党による軍国主義化への暴走を見れば、政権が取り戻したかったのは、国民に辛酸をなめさせた戦時日本だったということになる。言葉は嘘をついても、行動とその結果は事実を示すからである。
その二つを考えれば、投票は、新自由主義と軍国主義NOということで決定するしかない。政権党は、当然、選択肢には入らない。最悪の結果を回避するためにはそれしかないであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »