« 3本目の矢は落ちる | トップページ | ブラックゴーストと安倍政権 »

2014年12月13日 (土)

新自由主義と軍国主義はいらない

明日は、総選挙。意味不明の解散を受けて、一票の格差をキチンと是正しないまま行われることになった選挙である。首相と与党は新自由主義に基づくアベノミクスの是非を問うとほざいているようだが、新自由主義の方向に大きく舵を切ったのは小泉政権であり、それ以降、一般民衆の懐具合は悪化を続けている。このことからも、新自由主義者の言うトリクルダウンは起こらないというのは明白だが、OECDの国々の間でも、新自由主義が失敗であったという評価が広がっているらしい。当然のことである。
加えて、絶対多数を誇った与党による軍国主義化への暴走を見れば、政権が取り戻したかったのは、国民に辛酸をなめさせた戦時日本だったということになる。言葉は嘘をついても、行動とその結果は事実を示すからである。
その二つを考えれば、投票は、新自由主義と軍国主義NOということで決定するしかない。政権党は、当然、選択肢には入らない。最悪の結果を回避するためにはそれしかないであろう。

|

« 3本目の矢は落ちる | トップページ | ブラックゴーストと安倍政権 »

コメント

今回
選挙に興味がないという大人も若者も多い事がハッキリしましたね
組織票を沢山持っている所にとっては
まさに思う壺な感じでしょうか

この先のこの国の行く末に不安を抱かずにいられませんね^-^;

投稿: ロックアイス | 2014年12月21日 (日) 09時52分

新自由主義を野放しにしておくと、日本ばかりでなく世界が危ないと思いますよ。「経済」効率最優先で、人権・環境・福祉は「非効率」扱いですから。
エヴァンゲリオン制作のガイナックスを立ち上げた岡田斗司夫が「評価経済」という面白いことを言っています。それによると、金・マネーのやりとりは、つながり/関係性から切り離された分楽だけど孤独になってしまうので、他者とのつながりや他者からの「評価」を大切にするやりとりがこの先の方向性ではないか…というようなことだと私は理解しましたが、それも一つの道かもしれないと思います。

投稿: TAC | 2014年12月27日 (土) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/58257573

この記事へのトラックバック一覧です: 新自由主義と軍国主義はいらない:

« 3本目の矢は落ちる | トップページ | ブラックゴーストと安倍政権 »