« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

罪や間違いを認めること

日本と日本人の国益をアメリカに売り渡そうとする売国総理がアメリカ議会で演説した。が、侵略に対しての直接の謝罪と反省は言葉にすることはできなかったようだ。結局彼は、自らの未熟さや心の狭さを全世界に向けてアピールしたことになる。個人レベルの話であれば、自業自得だが、問題は、彼が日本の政治家のトップである首相を務めていることにある。彼が首相であるということが、日本の国会にとって恥であるばかりでなく、国益面からも大きなマイナスであろうし、日本人として、本当に恥ずかしい。
まともな大人であれば、自らのミスは率直に認め、それに対する被害や損害にはきちんと謝罪し、その反省の上に立って関係の改善に努めるものである。それは、国家としても当然必要なことであり、どのように誤魔化そうとしても日本がアジア諸国を侵略して欧米に代わって利権を得ようとしたことは歴史的事実として消すことはできない。言葉よりも、大日本帝国と日本軍が行った行動がその事実を示している。それを真摯に反省し、その謝罪も兼ねた援助や協力事業によって、我が国は諸国の信頼を得てきたのである。
侵略しなければ、ほかの帝国主義諸国の侵略されていたかもしれない…という言い方も聞くが、それは侵略され被害をこうむった国の人々に対しての言い訳にすらならない。被害者がどれだけ不利益を受けて人権を侵害されたか…という問題を前にして、侵略する側の心情や事情は意味がない。それを「わかってほしい」というのは【甘え】であって、未熟な国家であればまだしも、成熟した先進国・民主国家を自認するなら、口が裂けても言えないことなのである。
だがそれは、売国首相と彼を中心とした政権は理解できないようだ。その結果、日本という国の評判は泥にまみれ、多くの国民がそのツケを償わなければならなくなる。他者の言葉を聞かず、力で自分の思いを押し通そうとする権力者がテロを呼び込み、暗殺されることも少なくないのは歴史が証明している。が、巻き添えになる国民はたまったものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »